横浜で住む、暮らす、楽しむ 横浜に住む暮らすの情報

100年を超えた相模鉄道の歴史が:相模鉄道100年展レポ

相模鉄道100年展

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分56秒です。

100年を超えた相模鉄道の歴史が:相模鉄道100年展レポ

のコンテンツは2019年10月9日(水)から12月23日(月)までの間
、原鉄道模型博物館で開催された「相模鉄道100年展」の模様をレポートした内容です。

相模鉄道100年展:昔の相模鉄道横浜駅
相模鉄道100年展:昔の相模鉄道横浜駅

100年を超えた企業は日本に3万社と言われています。
帝国データバンクさんの資料
業歴 100 年以上の「老舗企業」、全国に約 3 万 3000 社

相模鉄道100年の展覧会を原鉄道模型博物館で開催。
いま100年の歴史を102年を超えても開催している理由とは….

東京に乗り入れていない唯一の関東私鉄

相模鉄道100年展:案内看板
相模鉄道100年展:案内看板

相模鉄道は関東の大手私鉄の中で唯一、東京に線路が乗り入れていない鉄道です。しかし、この表現はまもなく過去形になります。本年11月30日、相鉄・JR直通線(西谷~羽沢横浜国大間2.7km)の開業により、東海道貨物線を経て湘南新宿ライン、埼京線と結ばれ、海老名~新宿間の相互直通運転が実現します。

相模鉄道100年展 原鉄道模型博物館

関東は各私鉄の乗り入れ路線が多く、横浜では東急はみなとみらい線、東京メトロなど、京急は都営地下鉄や京成線などと乗り入れています(横浜の地下鉄は私鉄ではありません)

相鉄が関東で唯一乗り入れをしていない私鉄でした。
それも2019年11月30日のJR直通により変化します。

都心とつながる(都心直通プロジェクト)|未来への取り組み|相鉄グループ

相模鉄道100年展:展示物
相模鉄道100年展:展示物

このことが相模鉄道100年展を開催する意議となると個人的には考えています。

相模鉄道100年展について

相模鉄道100年展 | イベント情報 | 原鉄道模型博物館
(SSL化されていないためGoogle検索結果画面へリンクしています)
この鉄道100年展の内容は2017年に横浜高島屋で開催された相模鉄道のイベントと似ています。

相模鉄道100年展の内容は、相模鉄道の歴史と路線図、車両の遍歴など。
私の中では何となく通り過ぎてしまった内容なので、あらためて相模鉄道の歴史を学ぶよい機会でした。

相模鉄道100年展:展示物 駅名
相模鉄道100年展:展示物 駅名

とはいえ、前回と異なる箇所はいくつかあります

  • 新しい路線図
  • 新型車両の紹介
  • あの動画を大画面で見られる
相模鉄道100年展 相互直通動画上映
相模鉄道100年展 相互直通動画上映

相模鉄道100年展を歩くと気がつきます。
この空間は相模鉄道が100年を超えて大きく変革するその場を体験できる、と。

相模鉄道100年展:路線図
相模鉄道100年展:路線図

相模鉄道の歴史については、公式サイトをご覧ください、写真が使われていてウキペディアよりわかりやすく掲載されています。

相模鉄道 直通運転で恩恵をうける横浜

鉄道は私たちの暮らしを良くしてくれます。
沿線ができ、駅ができることで街ができる。
街には人が暮らし、暮らしがすすむと学校ができて公園ができて….
相模鉄道がJRや東急と直通運転をすることで、新しい人が暮らしを求めて
相鉄沿線に引っ越しをしてくるでしょう。

横浜洪福寺松原商店街
横浜洪福寺松原商店街

相模鉄道はその「受け皿」と未来の横浜を考えて、いずみ野線を中心に新しい街や都市をつくり始めています。
そこは相模鉄道だけの問題ではなく横浜という行政も関わってきます。

南万騎が原
南万騎が原

南万騎が原 は「みなまき」と公園の街 – 横浜で暮らそう

その手前にある二俣川もかわり、今は鶴ヶ峰が話題となっています。
鉄道がつながると私たちの暮らしも変化して良くなりはじめます。

ジョイナステラス二俣川
ジョイナステラス二俣川

 相模鉄道が100年を超えて未来への取り組み

いままで神奈川を出なかった関東唯一の私鉄 相模鉄道。
相模鉄道が100年を超えて未来への取り組みは相互直通だけではなく
横浜のあたらしい価値を創造する。
暮らしを豊かにする取り組みがこの相模鉄道100年展から感じられます。

相模鉄道100年展 は2019年12月23日(月)まで原鉄道模型博物館で開催しています

補足:館内は撮影OKです。ただしルールは守りましょう。

原鉄道模型博物館 場内注意
原鉄道模型博物館 館内の注意事項

相鉄JR 東急の相互直通のQ&Aは次のページから
相鉄 JR 直通 運転 について – 横浜で暮らそう

相鉄相互直通でダイヤ改正されました

相鉄直通運転にともなうダイヤ改正の特徴と横浜通勤のメリット 
相模鉄道が11月30日に開通された相鉄横浜線(相鉄JR直通運転)に伴いダイヤ改正を行いました。 
ポイントは次の通りです

運転本数は終日46往復(92本) 
朝ピーク時間帯は4本/時、その他時間帯は2~3本/時 
朝の一部列車は大宮方面へ 
いずみ野線から横浜へ直通(通勤急行) 
JR直通列車と二俣川で接続(通勤特急) 
女性専用車が4号車から10号車(8両編成は8号車)に変更 

詳細は 相鉄直通運転にともなうダイヤ改正の特徴と横浜通勤のメリット をご覧ください

【大募集】横浜の周辺情報 ここが知りたい!

横浜・相鉄沿線・周辺のここが知りたい!

関連コンテンツ
Writer
横浜在住歴20年以上。地方出身者、仕事はマーケッターであり経営者。 現場に行って触れること、データーから思考を巡らすのが大好き。 世の中は心がつながれば平和になると考えている