横浜で住む、暮らす、楽しむ 横浜に住む暮らすの情報

相鉄の新横浜駅と南万騎が原と希望ヶ丘など【11月18日-22日のまとめ記事】

地図

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分1秒です。

ここでは2019年11月18日-22日までの記事をまとめてお伝えいたます。
同じ内容をメールマガジンでもお伝えしています

南万騎が原の近くにあるこども自然公園で週末を

南万騎が原の近くにあるこども自然公園で週末を
相鉄線の駅の中でも、今や都心ともつながりターミナルタウンとなった二俣川とお洒落な街・緑園都市に挟まれて、ちょっと地味な印象の南万騎が原駅。

通称「みなまき」。実は「南万騎が原」と言う町名は実在せず、この駅は柏町にあります。閑静な住宅地で、農協の直売所などもあり、住みやすい街として知られています

大池公園
大池公園

南万騎が原の近くにあるこども自然公園で週末を – 横浜で暮らそう

相鉄が都心とつながる?新宿始発のJR埼京線が相鉄の羽沢横浜国大駅とつながることで相鉄直通効果はある?

相鉄が都心とつながる?新宿始発のJR埼京線が相鉄の羽沢横浜国大駅とつながることで相鉄直通効果はある?

相鉄は相鉄西谷駅からJR埼京線に直結する相鉄・JR直通線を2019年11月30日に開通します。

都心とつながる(都心直通プロジェクト)|未来への取り組み|相鉄グループ

JR埼京線とつながる駅は羽沢横浜国大駅を新規で開業。
路線名は相鉄新横浜線。
この線ができることで相鉄西谷駅から東京の新宿がつながることになり、相鉄沿線から東京の都心部への利便性が向上します。
相鉄線沿線各駅の住宅事情にはどのような効果があるのでしょうか?

羽沢横浜国大駅
羽沢横浜国大駅

相鉄が都心とつながる?新宿始発のJR埼京線が相鉄の羽沢横浜国大駅とつながることで相鉄直通効果はある? – 横浜で暮らそう

JR相鉄直通開通効果で、相鉄本線やいずみ野線乗換への利便性向上

来たる2019年11月30日にJR埼京線と相鉄線(本線系統海老名方面)の直通運転が開始されます。

都心とつながる(都心直通プロジェクト)|未来への取り組み|相鉄グループ

この日、相鉄JR直通線(西谷駅羽沢横浜国大駅間)と、JR東海道貨物線から羽沢横浜国大駅への接続線が開通することで、新たな移動ルートが開拓されます。

今回は、このダイヤ改正の要点をおさらいすると同時に、この直通開始によってもたらされるメリットについて考えてみたいと思います。

羽沢横浜国大駅
羽沢横浜国大駅

JR相鉄直通開通効果で、相鉄本線やいずみ野線乗換への利便性向上 – 横浜で暮らそう

希望が丘の住みやすさのヒントは子育てと高齢者福祉

希望が丘の住みやすさのヒントは子育てと高齢者福祉
横浜から急行で16分。
希望が丘は、落ち着いた雰囲気ながら生活には便利な住みやすい街です。

希望が丘駅

希望が丘の住みやすさのヒントは子育てと高齢者福祉 – 横浜で暮らそう

次週も宜しくお願いいたします!

【大募集】横浜の周辺情報 ここが知りたい!

横浜・相鉄沿線・周辺のここが知りたい!

関連コンテンツ
Writer
住まいや暮らしに関して、皆さんの代わりに疑問や課題を解決してみます! 街歩き大好き、横浜大好き、相鉄沿線大好き!