横浜で住む、暮らす、楽しむ 横浜に住む暮らすの情報

横浜市歴史博物館 鉄道150周年特別展を開催!

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分55秒です。

横浜市歴史博物館 鉄道150周年特別展を開催!

横浜市歴史博物館さんから
「特別展 みんなでつなげる鉄道150年 ー鉄道発祥の地よこはまと沿線の移り変わりー」のお知らせです。

令和4年(2022)は、新橋と横浜の間を結ぶ鉄道が開業してから150周年の節目の年にあたります。明治5年5月7日(1872年6月12日)品川~横浜間で鉄道が仮開業し、同年9月12日(1872年10月14日)には新橋・横浜間の全線が開業し、現在も10月14日は鉄道記念日となっています。

また、令和4年度には、相模鉄道線・東急東横線を結ぶ、神奈川東部方面線の相鉄・東急直通線が開業を予定し、横浜市営交通が開業100周年を迎えるなど、横浜を中心に鉄道に大きな注目が集まる年となります。

この節目の年にふさわしい横浜市歴史博物館の展覧会として、横浜にかかわる鉄道各社の歩みを展覧会や多くの関連事業を通じて紹介し、各社の鉄道利用者はもとより、鉄道愛好家や広く横浜市民に対し、ふるさと横浜の発展を屋台骨となって支えてきた鉄道の歴史の奥深さや新たな発見を伝え、横浜や鉄道に対する愛着を深めることを目的として開催する特別展です。

特別展 みんなでつなげる鉄道150年 ー鉄道発祥の地よこはまと沿線の移り変わりー 横浜市歴史博物館

イベント開催概要

【開催期間】
2022年3月19日(土)~ 9月25日(日)
前期:3月19日(土)~ 6月19日(日)後期:6月22日(水)~ 9月25日(日)
(※期間中は前後期で展示の入れ替えあり)

【会場】
横浜市歴史博物館(都筑区中川中央 1-18-1)

【開館時間】
9:00 ~ 17:00[券売16:30まで]

【休館日】
毎週月曜日[祝日の場合は開館]
(※以下の日程も休館日)
3月22日(火)/6月21日(火)[展示替え日]/7月19日(火)/9月20日(火)

【観覧料】
一般:1,200円
大学生/高校生:1,000円
中学生/小学生/横浜市内在住65歳以上:500円

リリース・報道のご紹介・引用について

横浜で暮らそうでは、横浜の暮らしに関連するコンテンツを紹介していますが、コンテンツ以外にリリース報道が正式になされた情報もご紹介してまいります。リリース・報道の定義は「報道先が自治体ならびに関係施設であること」となります。

取材またはリリース内容掲載依頼フォーム

横浜で暮らそうにてリリースをご希望される方はこのフォームよりご連絡ください。

【大募集】横浜の周辺情報 ここが知りたい!

横浜・相鉄沿線・周辺のここが知りたい!

関連コンテンツ
Writer
住まいや暮らしに関して、皆さんの代わりに疑問や課題を解決してみます! 街歩き大好き、横浜大好き、相鉄沿線大好き!