横浜で住む、暮らす、楽しむ 横浜に住む暮らすの情報

「横浜DX戦略」素案の策定について

オンライン学習

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分51秒です。

「横浜DX戦略」素案の策定について

横浜市 デジタル統括本部企画調整課さんから
「『横浜DX戦略』素案の策定について」のお知らせです。

横浜市では、DXの推進に向け「デジタルの恩恵をすべての市民、地域にいきわたらせ、魅力あふれる都市をつくる」ことを目的として、「デジタル×デザイン」をキーワードに「横浜DX戦略(仮称)」の方向性/骨子案を公表しました。この度、方向性/骨子案に基づき具体的に取り組む主な施策・事業を示した「横浜DX戦略」の素案を策定しました。

「横浜DX戦略」素案の策定について 横浜市
Screenshot of www.city.yokohama.lg.jp

「横浜DX戦略」素案の策定について 横浜市

1. 行政手続などで、市民や職員が費やす労力(時間)の削減を重視

素案では、マイルストーンを明確にするため、3つの指針「ピリオド」「ステップ」「バリュー」を設定。その中でも、市民が行政手続等に要する労力の削減、時間価値(バリュー)の創造を重視します。 手続に要する時間を概ね4分の1以下(75%以上の時短)にすることが可能なスマートフォン対応 (スマホからオンラインで行政手続が可能となる)を重点推進します。

2. 年間受付件数上位100の行政手続を令和6年度までに100%オンライン化

行政手続年間総受付件数の約9割を占める上位100手続を、スマートフォン対応重点対象として、 令和6年度までにオンライン化します。

3. 「場所を選ばないワークスタイル」実現に向けた取組実施

「市職員が場所を選ばず組織を超えて連携できるワークスタイル」を実現するためのクラウドサービスを導入し、令和6年度から本格運用します。

4. デジタル区役所の推進

モデル2区(西区、港南区)を中心に、「書かない・待たない・行かない そして つながる」をコンセプトに、様々な実証実験を展開します。

5. 創発・共創の仕組み「YOKOHAMA Hack!」を始動

行政課題(ニーズ)と民間企業等のデジタル技術提案(シーズ)をマッチングするオープンなプラットフォーム「YOKOHAMA Hack!」を始動し、実証実験を通じて課題解決や価値の創出につなげます。
※「YOKOHAMA Hack!」メーリングリスト登録件数は、5月末時点で170件です。
https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/gyosei-kansa/shigoto/digitalgov/yhack.html

戦略策定に向けた今後の予定

令和4年7月下旬から8月下旬にかけてパブリックコメント(市民意見募集)を実施し、その後、令和4年9月末頃を目途に「横浜DX戦略」を策定する予定です。

この素案についてのお問合せ先

横浜市デジタル統括本部企画調整課長 稲富 隆仁 Tel 045-671-2131

【記者発表】「横浜DX戦略」素案の策定について

リリース・報道のご紹介・引用について

横浜で暮らそうでは、横浜の暮らしに関連するコンテンツを紹介していますが、コンテンツ以外にリリース報道が正式になされた情報もご紹介してまいります。リリース・報道の定義は「報道先が自治体ならびに関係施設であること」となります。

取材またはリリース内容掲載依頼フォーム

横浜で暮らそうにてリリースをご希望される方はこのフォームよりご連絡ください。

【大募集】横浜の周辺情報 ここが知りたい!

横浜・相鉄沿線・周辺のここが知りたい!

関連コンテンツ
Writer
住まいや暮らしに関して、皆さんの代わりに疑問や課題を解決してみます! 街歩き大好き、横浜大好き、相鉄沿線大好き!