横浜で住む、暮らす、楽しむ 横浜に住む暮らすの情報

学生を対象とした「学生海洋ビジネスアイデア コンテスト」を実施

魚とSDGsイメージ

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分55秒です。

学生を対象とした「学生海洋ビジネスアイデア コンテスト」を実施

横浜市 政策局政策課さんから「あなたのアイデアが海洋都市を変える!学生海洋ビジネスアイデアコンテスト提案募集」のお知らせです。

横浜市では、「海洋都市横浜」を掲げ、都市の活性化や魅力づくりに取り組んでいます。

このたび、同じく海洋産業の振興等に向け取組を推進している神戸市、静岡市とともに、学生を対象とした「学生海洋ビジネスアイデア コンテスト」を実施します。
海を舞台に、海が持つ課題等を解決し、ビジネスへの発展に繋がることが期待される取組のアイデアを募集しますので、ぜひご応募ください。

あなたのアイデアが海洋都市を変える!学生海洋ビジネスアイデアコンテスト提案募集 横浜市

開催概要

対象

全国の大学院・大学・短期大学・専門学校・高等専門学校・高等学校の学生

募集期間

令和4年7月 22 日(金) ~10 月 30 日(日)

主催

横浜市、神戸市、静岡市

共催

海洋都市横浜うみ協議会、静岡市海洋産業クラスター協議会

URL

https://www.city.kobe.lg.jp/a47946/ocean/nurture/student/ideacontest2022.html

募集テーマ

①~④のテーマの中から1つ選び応募してください

【課題テーマ】SDGs14 海の豊かさを守ろう

①水産資源の確保
サクラエビやいかなご等の漁獲量の減少、世界情勢に伴う水産資源の販売価格の高騰に対するアイデアや、水産資源確保のための取組(漁獲時の AI 活用や陸上養殖など)

②海洋環境保全
クジラとの接触事故やバラスト水注排水による外来種の流入など、海上輸送の広範囲化・高速化による海洋環境への影響を少なくするための取組

③海洋資源・廃棄物の利活用
未利用又は低利用の水産物の活用や、海洋プラスチックなどの海洋に関連するごみを再利用・商品化するための取組

【自由テーマ】

④海を活用したビジネスアイデア
海洋に関わるテーマについて自由な発想で御提案ください。

表彰

最優秀賞
1組 賞金 10万円

優秀賞※1

3組 賞金 5万円

入賞アイデアについては、各都市の広報や HP 等を通じて入賞者や提案内容を公表予定
※1 一次審査通過者

昨年度の受賞アイデア

■最優秀賞アイデア
【受賞者】 神戸大学 海洋政策科学部 海洋政策科学科 1 年 岩原 ほのかさん
水産大学校 食品科学科 1 年 高橋 杏弥さん
【テーマ】 水中ドローンで藻場の回復 <課題テーマ(横浜市)>
【概 要】
磯焼けは海洋環境において重大な問題であり、ウニや魚による食害や地球温暖化による気候変動
などの要因により引き起こされている。
これを解決するために、水中ドローンを使用して、原因となる生物の間引き、案山子に見立てることによる植食性魚
類の忌避、さらに藻場造成に役立てることを提案。

そのほか、昨年度の受賞アイデアについては、下記 URL をご覧ください。
https://www.city.kobe.lg.jp/a47946/ocean/ideacontest2021-2.html

イベントに関する問い合わせ(共催3都市)

横浜市政策局政策課 ss-kaiyotoshi@city.yokohama.lg.jp TEL:045-671-3206
神戸市企画調整局政策課 ocean@office.city.kobe.lg.jp TEL:078-322-5301
静岡市経済局産業政策課 sangyouseisaku@city.shizuoka.lg.jp TEL:054-354-2656

あなたのアイデアが海洋都市を変える!学生海洋ビジネスアイデアコンテスト提案募集(PDF:1,024KB)

リリース・報道のご紹介・引用について

横浜で暮らそうでは、横浜の暮らしに関連するコンテンツを紹介していますが、コンテンツ以外にリリース報道が正式になされた情報もご紹介してまいります。リリース・報道の定義は「報道先が自治体ならびに関係施設であること」となります。

取材またはリリース内容掲載依頼フォーム

横浜で暮らそうにてリリースをご希望される方はこのフォームよりご連絡ください

【大募集】横浜の周辺情報 ここが知りたい!

横浜・相鉄沿線・周辺のここが知りたい!

関連コンテンツ
Writer
住まいや暮らしに関して、皆さんの代わりに疑問や課題を解決してみます! 街歩き大好き、横浜大好き、相鉄沿線大好き!