横浜で住む、暮らす、楽しむ 横浜に住む暮らすの情報

横浜能楽堂で「第38回横浜かもんやま能」を開催

横浜能楽堂 外観

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分56秒です。

横浜能楽堂で「第38回横浜かもんやま能」を開催

横浜市 西区地域振興課さんから
「【記者発表】第38回横浜かもんやま能を開催します!」のお知らせです。

横浜かもんやま能は、今年で第38回を迎えます。演目の前には、能楽師から演目などについて解説がありますので、能や狂言の鑑賞経験がない方でも楽しむことができます。
多くの方のご来場をお待ちしています。

【記者発表】第38回横浜かもんやま能を開催します! 横浜市

イベント詳細

【開催日時】
2022年10月2日(日)[開演]14:00([開場]13:00)

【会場】
横浜能楽堂(西区紅葉ケ丘 27-2)

【演目内容】
(1)能楽師による実技と解説:安藤貴康
(2)狂言「寝音曲(ねおんぎょく)」:茂山七五三(大蔵流)
(3)能「通小町(かよいこまち)」:観世銕之丞(観世流)

【入場料】
S席:4,500円/A席:4,000円/B席:3,500円

【チケット購入方法】
横浜能楽堂にて7月30日(土)12:00~ 販売予定
→電話/ウェブサイト/来館で購入可能
(※ただし、初日(7月30日)は電話とウェブサイトのみの販売)

【主催】
ふるさと西区推進委員会/西区役所/横浜能楽堂(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)

【協賛】
(株)崎陽軒/(株)高島屋横浜店/西区商店街組合連合会/横浜ふじライオンズクラブ

横浜かもんやま能とは

「掃部山公園」の一角にある横浜能楽堂で開催している能と狂言の鑑賞会です
第1回から第13回まで「かもんやま薪能」として屋外(掃部山公園)で開催していましたが、
横浜能楽堂が開館した後「横浜かもんやま能」と名称を変更しました
掃部山公園は、横浜開港の立役者となった、時の大老、井伊掃部頭直弼公ゆかりの地です
政治家として広く知られた直弼公ですが、同時に茶道や芸能に通じる文化人でもあり、
能・狂言においては自ら作品を書くほどでした。
「横浜かもんやま能」では、毎年異なる演目を公演しており、直弼公が創作した作品を演じた回もあります

リリース・報道のご紹介・引用について

横浜で暮らそうでは、横浜の暮らしに関連するコンテンツを紹介していますが、コンテンツ以外にリリース報道が正式になされた情報もご紹介してまいります。リリース・報道の定義は「報道先が自治体ならびに関係施設であること」となります。

取材またはリリース内容掲載依頼フォーム

横浜で暮らそうにてリリースをご希望される方はこのフォームよりご連絡ください。

【大募集】横浜の周辺情報 ここが知りたい!

横浜・相鉄沿線・周辺のここが知りたい!

関連コンテンツ
Writer
住まいや暮らしに関して、皆さんの代わりに疑問や課題を解決してみます! 街歩き大好き、横浜大好き、相鉄沿線大好き!