横浜で住む、暮らす、楽しむ 横浜に住む暮らすの情報

緊急事態宣言の解除後、横浜の週末どう過ごす?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分28秒です。

ここではコロナウイルス 関連コンテンツを保存しています
ここではコロナウイルス 関連コンテンツを保存しています

緊急事態宣言の解除後、横浜の週末どう過ごす?

緊急事態宣言の解除後、横浜の週末どう過ごす?

5月25日に緊急事態宣言が解除され、解除後初の週末を迎えます。
解除後の新しい暮らし方について書いていきます。

横浜も緊急事態宣言が全面解除となりました

4月7日に緊急事態宣言が出されて7週間、感染者数が少ない地域から順に宣言が解除され、
横浜もついに緊急事態宣言が全面解除となりました。

緊急事態宣言が解除された5月25日は横浜市で新規感染者が0となった日でもあります。

解除に伴い様々な施設が再開されます

横浜市立の小学校・中学校・高等学校・特別支援学校については6月1日から段階的に再開されます。
2週間は学級を2つに分けた分散登校、残り2週間は半日程度の短縮授業での再開です。

食料品売り場を除いて休業していた横浜駅周辺のデパートや商業施設も営業が再開。

  • 横浜ベイクォーター:5月26日(火)から段階的に
  • 横浜高島屋・そごう横浜店:5月27日(水)
  • 横浜ポルタ:5月30日(土)
  • ルミネ横浜:6月3日(水)

横浜市の動物園については6月11日(木)から営業再開となるようです(土日は引き続き休園や入場制限をするとのこと)

その他図書館など多くの施設が6月1 日から再開されます。

「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」の解除に伴う市民利用施設等の再開について 横浜市
https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/koho/topics/shisetsu.html

横浜の行政はどのように判断したのか

横浜市は政府の「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」に基づき判断をしたようです。

  • 感染の状況:直近1週間の人口10万人あたりの累積新規陽性患者数が0.72人、
    直近1週間の人口10万人あたりの感染経路不明の累積新規陽性者数が0.19人
  • 医療提供体制が確保されている
  • 監視体制についてPCR検査等が遅滞なく行える体制が整備されている

感染の状況については、1週間単位で見て新規報告数が減少傾向にあること、及び、3月上中旬頃の新規報告数である、クラスター対策が十分に実施可能な水準にまで新規報告数が減少しており、現在のPCR検査の実施状況等を踏まえ、直近1週間の累積報告数が 10 万人あたり 0.5 人程度以下であることを目安とする。直近1週間の 10 万人あたり累積報告数が、1人程度以下の場合には、減少傾向を確認し、特定のクラスターや院内感染の発生状況、感染経路不明の症例の発生状況についても考慮して、総合的に判断する。
医療提供体制については、新型コロナウイルス感染症の重症者数が持続的に減少しており、病床の状況に加え、都道府県新型コロナウイルス対策調整本部、協議会の設置等により患者急増に対応可能な体制が確保されていることとする。
監視体制については、医師が必要とするPCR検査等が遅滞なく行える体制が整備されていることとする。

新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針(厚生労働省)より
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000633501.pdf

新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000633501.pdf

緊急事態宣言の解除を受けた新型コロナウイルス感染症への対応について(横浜市)
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/bousai-kyukyu-bohan/bousai-saigai/bosai/honbukaigi.files/0003_20200525.pdf

横浜での新しい暮らし方を考える

緊急事態宣言が解除され、お店や施設も再開することから今週末は多くの人が横浜に出かけるのではないかと予想されます。

自粛生活のストレスもあるでしょうし、解除されたから少しくらいは大丈夫なのでは?という気持ちもあるのかなと思います。
ただし、ウイルスが全くなくなったわけでもワクチンが開発されたわけでもありません。

横浜市でも「新しい生活様式」の実践に協力を呼び掛けています。

緊急事態宣言の解除を受けた新型コロナウイルス感染症への対応について(横浜市)より
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/bousai-kyukyu-bohan/bousai-saigai/bosai/honbukaigi.files/0003_20200525.pdf

これらのことを頭において生活していく。多少不便はありますがこの生活を実践していかないといけませんね。

手洗いうがいをしっかりと、人との距離を十分にとった上で買い物や食事も引き続き通販や持ち帰りを利用するなどしていく必要があると思います。

あっという間に第二波が来てしまいまた緊急事態宣言とならないよう一人ひとりが気を付ける時期なのではないでしょうか。

【大募集】横浜の周辺情報 ここが知りたい!

横浜・相鉄沿線・周辺のここが知りたい!

関連コンテンツ
Writer
元相鉄沿線ユーザ、現在は他沿線の横浜市民。