横浜で住む、暮らす、楽しむ 横浜に住む暮らすの情報

横浜シーサイドライン 線路切り換え工事に伴う運休と振替輸送について

横浜シーサイドライン

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分1秒です。

横浜シーサイドライン 線路切り換え工事に伴う運休と振替輸送について

横浜市 道路局建設課さんから
「2月14日(日曜日)金沢シーサイドライン運休のお知らせ」 のお知らせです。

金沢シーサイドラインでは、線路の切換工事に伴い、2月14日(日曜日)の始発から午前10時頃まで運休し、バス代行輸送を実施いたします。また、同時間帯において沿線鉄道・バス会社において振替輸送も併せて実施いたします。

2月14日(日曜日)金沢シーサイドライン運休のお知らせ 横浜市

概要

【工事日程】
2021年2月14日(日)始発から10:00まで[予定]

  • 始発 ~ 9:00 新杉田駅 ~ 金沢八景駅 全線運休
  • 9:00 ~ 10:00 新杉田駅より順次運転開始
  • 10:00 ~ 全線運行開始

(※通常ダイヤに戻るまで多少の時間がかかります)
(※悪天候により工事が延期となった場合は、2月21日(日)の同じ時間帯で運休となります)

【代行輸送】
運休に伴い、当日は代行バスを運行します。
5:00 ~ 切換工事終了まで[予定]
(※シーサイドライン各駅付近に臨時バス停留所を設置)

【振替輸送】
運休に伴い、当日は交通機関の振替輸送を実施します。

  1. 鉄道:JR東日本/京急電鉄
  2. バス:横浜市営バス/京急バス/横浜交通開発

延伸事業 複線化切換工事 概要

横浜市と株式会社横浜シーサイドラインは、暫定運用していた金沢シーサイドライン金沢八景駅(旧駅)から150m延伸し、京急線の金沢八景駅と接続する「金沢シーサイドライン延伸事業」を進めています。
2019年3月31日に金沢八景駅(新駅)が開業し、現在は単線により、金沢八景駅2番線で運行していますが、1番線へも進入するための線路の切換工事(複線化工事)を実施します。

【実施日程】
2021年2月13日(土)営業運転終了 ~ 2月14日(日)10:00
(※降雨・降雪により切換工事の実施を延期する場合があります)
(※【予備日】2月20日(土)~ 2月21日(日))

事業概要

【事業名】
金沢シーサイドライン延伸事業

【事業区間】
金沢区瀬戸地内

【事業期間】
2013年度 ~ 2020年度(8年間)

【事業規模】
延長:約300m(うち延伸区間約150m)
幅員:7~15m(上下2線)

【整備効果】
シーサイドラインと京急線の金沢八景駅が接続したことで、大幅な乗り換え時間の短縮と利便性が向上
金沢八景駅東口の駅前広場が再整備されたことで、バスやタクシーへの乗り換え時間の短縮と利便性が向上

リリース・報道のご紹介・引用について

横浜で暮らそうでは、横浜の暮らしに関連するコンテンツを紹介していますが、コンテンツ以外にリリース報道が正式になされた情報もご紹介してまいります。リリース・報道の定義は「報道先が自治体ならびに関係施設であること」となります。

【大募集】横浜の周辺情報 ここが知りたい!

横浜・相鉄沿線・周辺のここが知りたい!

関連コンテンツ
Writer
住まいや暮らしに関して、皆さんの代わりに疑問や課題を解決してみます! 街歩き大好き、横浜大好き、相鉄沿線大好き!