横浜で住む、暮らす、楽しむ 横浜に住む暮らすの情報

横浜ノースドック 一部返還が米国側と合意

瑞穂ふ頭

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分36秒です。

横浜ノースドック 一部返還が米国側と合意

カナコロ by 神奈川新聞さんから
「「横浜ノースドック」一部返還を合意 日米合同委員会」 についてお伝えいたします。

米軍施設「横浜ノースドック」(横浜市神奈川区)内に敷設されている鉄道のレールと、ゲート外の土地約1400平方メートルの返還が28日、日米合同委員会で合意された。防衛省南関東防衛局が同日、市に報告した。3月31日までに返還される予定。

「横浜ノースドック」一部返還を合意 日米合同委員会 – カナコロ by 神奈川新聞

概要

【横浜ノースドックについて】
米軍施設「横浜ノースドック」は、1946年に連合国軍が接収。
瑞穂ふ頭への引き込み線として国鉄がレールを利用していたとみられている。
(レールはゲート内からゲート外の「瑞穂橋」沿いに内陸まで伸びており、内陸部分は200メートルほどとみられる。)
ノースドックの一部返還は、2009年3月以来となる。

【返還期間】
3月31日(水)まで

【返還予定場所】

  • 敷設されている鉄道レール(ゲート内/ゲート外)
  • ゲート外周辺の土地(約1,400㎡)

【返還理由】
長年使用していないため

リリース・報道のご紹介・引用について

横浜で暮らそうでは、横浜の暮らしに関連するコンテンツを紹介していますが、コンテンツ以外にリリース報道が正式になされた情報もご紹介してまいります。リリース・報道の定義は「報道先が自治体ならびに関係施設であること」となります。

【大募集】横浜の周辺情報 ここが知りたい!

横浜・相鉄沿線・周辺のここが知りたい!

関連コンテンツ
Writer
住まいや暮らしに関して、皆さんの代わりに疑問や課題を解決してみます! 街歩き大好き、横浜大好き、相鉄沿線大好き!