横浜で住む、暮らす、楽しむ 横浜に住む暮らすの情報

東京キリンビバレッジサービス株式会社が新たな広報サポーター、自動販売機に災害時給水マップの二次元コードステッカーを貼付

自動販売機イメージ

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分9秒です。

東京キリンビバレッジサービス株式会社が新たな広報サポーター、自動販売機に災害時給水マップの二次元コードステッカーを貼付

横浜市 水道局広報課さんから「東京キリンビバレッジサービス株式会社が新たな広報サポーターに!」のお知らせです。

横浜市水道局では、令和4年3月に「横浜市水道局広報サポーター事業者登録制度」を制定し、水道事業の広報活動全般に関して民間企業・団体に協力をいただいています。
このたび、本制度の3者目の事業者として、東京キリンビバレッジサービス株式会社にご登録いただきました。
水道局では、災害時などに飲料水を確保するための災害時給水所の認知度向上に取り組んでおり、同社と連携することで、この取組をさらに進めていきます。

東京キリンビバレッジサービス株式会社が新たな広報サポーターに! 横浜市

1 経緯

東京キリンビバレッジサービス株式会社横浜支店では、横浜市水道局オフィシャルウォーター「はまっ子どうし The Water」を数多く販売いただき、また、自動販売機の売上げの一部を横浜市水のふるさと道志の森基金にご寄附いただくなど、かねてから横浜市の水源林保全活動にご協力いただいています。
今回、横浜市水道局広報サポーター事業者登録制度の趣旨にご賛同いただき、社会貢献活動の一環として、横浜市内にある同社の自動販売機を活用して、災害時給水所のPRを行っていただくことになりました。

2 取組内容(予定)

横浜市内に約 2,000 台ある同社自動販売機に、災害時給水マップの二次元コードステッカーを貼付していただきます。

3 登録認定日

令和4年6月 30 日

■ 東京キリンビバレッジサービス株式会社

・所在地:東京都千代田区神田和泉町1番地
・代表者:取締役社長 佐伯 裕充
・事業内容:清涼飲料水・食品の販売
・販売エリア:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

■ 災害時給水所とは

災害などで断水したときに、誰でも飲料水を得られる場所で、横浜市では 544 か所※を整備しています。
※令和4年3月末時点

東京キリンビバレッジサービス株式会社が新たな広報サポーターに!(PDF:565KB)

リリース・報道のご紹介・引用について

横浜で暮らそうでは、横浜の暮らしに関連するコンテンツを紹介していますが、コンテンツ以外にリリース報道が正式になされた情報もご紹介してまいります。リリース・報道の定義は「報道先が自治体ならびに関係施設であること」となります。

取材またはリリース内容掲載依頼フォーム

横浜で暮らそうにてリリースをご希望される方はこのフォームよりご連絡ください

【大募集】横浜の周辺情報 ここが知りたい!

横浜・相鉄沿線・周辺のここが知りたい!

関連コンテンツ
Writer
住まいや暮らしに関して、皆さんの代わりに疑問や課題を解決してみます! 街歩き大好き、横浜大好き、相鉄沿線大好き!