横浜で住む、暮らす、楽しむ 横浜に住む暮らすの情報

横浜橋商店街で空き店舗活用の写真展

横浜橋商店街

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分22秒です。

横浜橋商店街で空き店舗活用の写真展

タウンニュース 南区版さん から
横浜橋通商店街
「清陵高写真部の作品展示」のお知らせです。

横浜橋通商店街の空き店舗を使った大学生による「いと―をかしプロジェクト」の第2弾企画となる写真展「つなげたいもの展」が8月23日に始まった。9月5日まで。

清陵高写真部の作品展示 | 南区 | タウンニュース
Screenshot of www.townnews.co.jp

清陵高写真部の作品展示 | 南区 | タウンニュース

プロジェクトについて

【経緯】

同プロジェクトは、まちの記録や商店街と人をつなぐ目的で始めたもの。

商店街事務所並びの菓子店があった場所で、横浜市立大学3年生の小林璃代子さんら大学生5人が進めている。第1弾企画として7月25日から31日まで駄菓子を販売し、まずはプロジェクトの存在を広めた。

【作品展示について】

写真展は、小林さんの出身校である横浜清陵高校の写真部が高校写真部の全国大会である「写真甲子園2021」の本戦に出品するために撮影したものを展示している。テーマの「未来」に合わせ、横浜橋通商店街と三吉橋通商店街を中心に、伝統文化や日常など「(未来へ)つなぎたいもの」を意識して撮影した作品を展示した。

小林さんとプロジェクトを進める鈴木茉凛さんさんは、同校写真部時代の2018年に写真甲子園で準優勝した時のメンバー。後輩の作品を展示しながら、商店街の魅力を伝えようとしている。

働く人の魅力伝える

写真は商店街で働く人を中心にした組写真。撮影したのは同校写真部の神吉鈴さん、松木虹湖さん、森垣結衣子さんの3人。本来、写真甲子園の本戦は北海道・東川町を訪れて現地で撮影していたが、コロナ禍のため、各校が地元で撮影したものを提出する形になっていた。顧問の池田玲教諭は「南区が誇る横浜橋、三吉橋で多くの笑顔を集められた」と話す。

【写真展の作品公募について】
横浜橋・三吉橋エリアの「つなぎたいもの」をテーマに、9月17日まで受け付けている。

【開催期間】
2021年9月5日(日)まで
(※[月〜木]10:30~16:00[金/土/日]13:00~19:00)

詳細:プロジェクト公式Facebookページ

横浜橋商店街関連リンク

阪東橋でお買い物をするなら 横浜橋商店街 – 横浜で暮らそう

リリース・報道のご紹介・引用について

横浜で暮らそうでは、横浜の暮らしに関連するコンテンツを紹介していますが、コンテンツ以外にリリース報道が正式になされた情報もご紹介してまいります。リリース・報道の定義は「報道先が自治体ならびに関係施設であること」となります。

取材またはリリース内容掲載依頼フォーム

横浜で暮らそうにてリリースをご希望される方はこのフォームよりご連絡ください。

【大募集】横浜の周辺情報 ここが知りたい!

横浜・相鉄沿線・周辺のここが知りたい!

関連コンテンツ
Writer
住まいや暮らしに関して、皆さんの代わりに疑問や課題を解決してみます! 街歩き大好き、横浜大好き、相鉄沿線大好き!