横浜で住む、暮らす、楽しむ 横浜に住む暮らすの情報

「よこはまウォーキングポイント」アプリがリニューアル

横浜 ジョギング

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分3秒です。

「よこはまウォーキングポイント」アプリがリニューアル

横浜市 健康福祉局保健事業課さんから
「よこはまウォーキングポイント 参加者の期待に応えるアプリへリニューアル!」のお知らせです。

よこはまウォーキングポイント(YWP)は、平成26年11月の開始以降、4年毎を区切りに実施しています。第3期を迎える今年度は、これまでに確認された事業効果や参加者ニーズを踏まえ、アプリを5月25日にリニューアルします。
YWPを長く続けた場合の「高血圧の新規発症抑制効果」を受け、アプリで血圧を管理できる機能を追加し、ウォーキングと血圧管理の習慣化を支援します。また、参加者の皆様から寄せられたご要望に応え、普及が進んでいる「ウェアラブル端末」で計測した歩数を連携できる機能の追加や、画面デザインの変更など、「より見やすく使いやすく」を実現します。

よこはまウォーキングポイント 参加者の期待に応えるアプリへリニューアル! 横浜市

「よこはまウォーキングポイント」リニューアル詳細

【ポイント1:ウォーキングと血圧管理を習慣に】
YWPの3年連続参加者は未登録者と比べて、高血圧の新規発症者が12.3%少なかったという結果を受けて
日々のウォーキングに加え、血圧管理にも取り組めるように血圧値をアプリ上で手入力または
通信機能付き血圧計で測った数値を自動転送できる機能を追加します
高血圧は脳卒中や心筋梗塞につながるリスクがあるため、高血圧の予防に向けて
ウォーキングと血圧管理の習慣化を後押ししていき、体重や睡眠時間も入力できるようになります

【ポイント2:ウェアラブル端末で測定した歩数をアプリに】
「手ぶらでウォーキングしたいときに腕時計型のウェアラブル端末とも同期できたらいいなぁ」といった
ご要望にお応えするため、スマートウォッチなどで計測した歩数をアプリに連携できる機能を追加します
個人のスタイルに合わせてウォーキングに取り組めます

【ポイント3:アプリをより見やすく使いやすく】
参加者の方からの要望にお応えするため、アプリを「より見やすく使いやすく」を
実現するデザインや仕様変更を実施します

リリース・報道のご紹介・引用について

横浜で暮らそうでは、横浜の暮らしに関連するコンテンツを紹介していますが、コンテンツ以外にリリース報道が正式になされた情報もご紹介してまいります。リリース・報道の定義は「報道先が自治体ならびに関係施設であること」となります。

取材またはリリース内容掲載依頼フォーム

横浜で暮らそうにてリリースをご希望される方はこのフォームよりご連絡ください。

【大募集】横浜の周辺情報 ここが知りたい!

横浜・相鉄沿線・周辺のここが知りたい!

関連コンテンツ
Writer
住まいや暮らしに関して、皆さんの代わりに疑問や課題を解決してみます! 街歩き大好き、横浜大好き、相鉄沿線大好き!