横浜で住む、暮らす、楽しむ 横浜に住む暮らすの情報

横浜赤レンガ倉庫「StrawberryFestival」を2023年も開催します

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分58秒です。

横浜赤レンガ倉庫「StrawberryFestival」を2023年も開催します

横浜赤レンガ倉庫 さんから
「『Yokohama Strawberry Festival 2023』開催」のお知らせです。

横浜赤レンガ倉庫では、2023年2月3日(金)から2月26日(日)までの合計 23 日間で、お子様から大人まで多くの人に愛されている“いちご”の新しい楽しみ方を伝えるイベント、『Yokohama Strawberry Festival 2023』を開催いたします。本イベントは、2013 年に初開催し、今回で 10 周年を迎えます。これまでの 10 年間に延べ約 160 万人の方にご来場いただいており、思う存分にいちごを楽しめるイベントとしてご好評をいただいております。

『Yokohama Strawberry Festival 2023』開催 横浜赤レンガ倉庫

イベント概要

【イベント名称】
Yokohama Strawberry Festival 2023

【開催期間】
2023年2月3日(金)~ 2月26日(日)[23日間]
(※雨天決行)
(※2月21日(火)は横浜赤レンガ倉庫休館日に伴い休業)

【時間】
10:00~18:00

【入場料】
一律 300円(税込)
(※横浜赤レンガ倉庫イベント公式アプリ限定割引あり[入場料:100円])
(※飲食・物販・アトラクション代は別途)
(※小学生以下は入場無料[保護者同伴に限る])

【会場】
横浜赤レンガ倉庫イベント広場 特設テント(中区新港 1-1)

【主催】
横浜赤レンガ倉庫
(株式会社横浜赤レンガ/公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)

イベントの見どころ

今回で開催10周年となり、多くの方に愛されるメモリアルな“いちごの祭典”が今年も開催します。
定番のいちごスイーツやブランドいちご、ドリンクメニュー、いちごの雑貨など“いちご”が満載!
ここでしか味わえない10周年を記念した限定メニューまで“いちご”の魅力を堪能できます。
横浜赤レンガ倉庫限定のメニューを各店舗で展開するなど、見逃せないません。
会場には恒例の「いちごオブジェ」をはじめ、夢のようないちごづくしの世界が会場いっぱい。
食べるだけじゃないコンテンツが盛りだくさん!
「いつ来ても変わらない、けれども、いつ来ても新しい」をコンセプトに掲げる横浜赤レンガ倉庫。
そんな多彩な“いちご”の魅力を発信するこの季節ならではのイベントです。

リリース・報道のご紹介・引用について

横浜で暮らそうでは、横浜の暮らしに関連するコンテンツを紹介していますが、コンテンツ以外にリリース報道が正式になされた情報もご紹介してまいります。リリース・報道の定義は「報道先が自治体ならびに関係施設であること」となります。

【大募集】横浜の周辺情報 ここが知りたい!

横浜・相鉄沿線・周辺のここが知りたい!

関連コンテンツ
Writer
住まいや暮らしに関して、皆さんの代わりに疑問や課題を解決してみます! 街歩き大好き、横浜大好き、相鉄沿線大好き!