横浜で住む、暮らす、楽しむ 横浜に住む暮らすの情報

横浜のイルミネーションとクリスマス情報 2022

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分32秒です。

横浜のイルミネーションとクリスマス情報 2022
冬の醍醐味と言えば、12月の「クリスマス」シーズンです。
横浜市内でも多くのイベントが開催され、クリスマスならではの雰囲気を楽しめます。
また、クリスマスといえばクリスマスツリーやイルミネーションも欠かせません。
横浜・みなとみらいエリアは観光地として有名なため、特に煌びやかになります。
ここ数年はコロナ禍で中止や規模を縮小しての開催でしたが、2022年は徐々に再開。
ここでは、横浜の2022年イルミネーションとクリスマス情報を紹介するコンテンツです。

横浜のイルミネーションとクリスマス情報 2022

横浜と言えば「おしゃれスポット」という印象が強いのではないでしょうか。
そんな横浜のイメージとぴったり合う季節が11月〜12月の「クリスマスシーズン」です。
クリスマスシーズンになると全国でイベントが開催され、人の流れも多くなります。
また、イベントとともにツリーやイルミネーションのライトアップも見どころの1つ。
特に、横浜・みなとみらいエリアは有名な観光地であるため、一層煌びやかになるのです。
「横浜みなとみらいエリアのイルミネーションはいつから?」「イベント内容と日程は?」
今回は、2022年冬に開催の横浜イルミネーションとクリスマスイベントをお伝えします。

【2022年最新版】横浜のイルミネーション おすすめスポット6選

ここからは、2022年に開催される横浜のイルミネーションスポットを6つご紹介します。
ここでは、特に横浜・みなとみらいエリアを中心にまとめてみました。
クリスマスイベントは、12月に入ってから開催されるスポットが多くなっています。
一方で、ライトアップはすでに11月上旬から開催されており、2か月近く楽しめるのです。
イルミネーションだけなら無料で楽しめるため、早めの予定づくりにお役立てください。
参考にしつつ、多くのイルミネーションスポットへ足を運んでみてはいかがでしょうか。

【2021年最新版】横浜のイルミネーションはいつから?そしてクリスマス情報 – 横浜で暮らそう

横浜赤レンガ倉庫 クリスマスマーケット2022

まず1つ目は「横浜赤レンガ倉庫 クリスマスマーケット2022」です。
横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケットは毎年開催され、今年で13回目となります。
クリスマスマーケットは、アドベントというクリスマスの準備を楽しむドイツの伝統行事。
アドベントは4週間あるため、ショッピングや食事などをして過ごすのが一般的です。
1番の見どころは、会場内中央に設置された高さ約10mあるモミの木のクリスマスツリー。

赤レンガ倉庫 イルミネーション

ツリーには、煌びやかなたくさんのクリスマスらしいオブジェや装飾が施され、圧巻です。
また、ドイツ製のヒュッテと呼ばれる木の小屋もイルミネーションの光で彩られます。
横浜のクリスマスマーケットでも、ドイツフード・ワイン・クリスマス雑貨などを販売。
他にも、各種ワークショップといった体験型のイベントも開催されていました。

クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫 – 横浜赤レンガ倉庫
クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫 – 横浜赤レンガ倉庫
クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫 – 横浜赤レンガ倉庫

そのため、ドイツのクリスマスマーケットに来たような本場の雰囲気を楽しめます。
イベント期間中の12月上旬は、休館中の横浜赤レンガ倉庫がリニューアルオープン。
昨年よりもさらにパワーアップした、クリスマスマーケットが見られそうですね。
ただ、会場がすべて屋外にあるため、防寒対策をしっかりと忘れずに。
アクセスは、みなとみらい線「馬車道駅」または「日本大通り駅」から歩いて約7分です。

クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫 – 横浜赤レンガ倉庫

■日程:2022年11月25日(金)~ 12月25日(日)

■時間:
11月26日(土)~ 12月9日(金)11:00~21:00
12月10日(土)~ 12月25日(日)11:00~22:00
※11月25日(金)は17:00~21:00
※ラストオーダーは営業終了の30分前
※ライトアップは16:00~営業終了[ツリーのみ23:00まで]

■会場:横浜赤レンガ倉庫 イベント広場/赤レンガパーク

■入場料:
11月25日(金)~ 12月16日(金)[平日]:無料
12月19日(月)以降[平日]/11月25日(金)~ 12月25日(日)[土日]:500円
※飲食/物販代は別途
※小学生以下は無料[保護者同伴のみ]
※有料日は事前予約/オンライン決済が必要

■イベント内容

「横浜赤レンガ倉庫」ってどんなところ? – 横浜で暮らそう

ヨコハマミライト2022

2つ目は「ヨコハマミライト2022〜みらいを照らす、光のまち~」です。
ヨコハマミライトは、横浜駅からみなとみらいエリアまで全長約1.5kmを彩ります。
「横浜駅東口〜グランモール公園〜ぷかりさん橋」を通る横浜最大級のイルミネーション。
横浜の冬を代表するイルミネーションとなりつつあり、2022年で5回目の開催です。
ライトアップにはブルー/ゴールド/ホワイトなど、約50万球のLEDライトが輝きます。
アクセスは「横浜駅」から歩いて約1分です。

はまテラス
そごう横浜

■日程:2022年11月10日(木)~ 2023年2月12日(日)
※ストリートピアノは2022年12月1日(木)~ 12月25日(日)

■会場:
横浜駅東口〜ぷかりさん橋をつなぐ各エリア
かもめ歩道橋/はまみらいウォーク/みなとみらい歩道橋/53街区/グランモール公園
帆船日本丸/さくら通り/クイーンモール橋/ぷかりさん橋

■時間:16:00 ~ 23:00
※さくら通りは22:00まで
※12月3日(土)/10日(土)は点灯時間を24:00まで延長予定

■イベント内容

ヨコハマミライト開催5回目の今年はストリートピアノを配置。
他にも、昨年からさらにパワーアップするため、イルミネーションの点灯エリアが拡大。
また、期間中は太陽光や風力などの自然エネルギーで発電されたグリーン電力を使用する。
今年は一部ライトの演出を発電エネルギーを抑えたものに変更して開催。
環境にも配慮した地球に優しいサスティナブルなイルミネーションイベントを実施する。

【2022年版】横浜観光の定番スポットはどこ? – 横浜で暮らそう

横浜ベイクォーターイルミネーション2022

3つ目は「横浜ベイクォータークリスマス2022」です。
横浜ベイクォーターイルミネーションは、横浜ベイクォーターのクリスマスイベント。
毎年、3階外のメイン広場に大きなクリスマスツリーが飾られるのが特徴となっています。
2022年で17回目を迎えるイベントのテーマは「Christmas Forest」です。
まるでおとぎ話の世界に訪れたような優しい世界観が広がっていました。

その年によってテーマに関する装飾が異なるため、全く同じ雰囲気にはなりません。
半屋外になっており、船がモチーフとなっている横浜ベイクォーターの施設にぴったり。
ツリー前はペット同伴可能なため、ワンちゃんと一緒に写真を撮れちゃいます。
アクセスは、「横浜駅」から歩いて約7分です。

■日程:2022年11月5日(土)~ 12月25日(日)

■会場:横浜ベイクォーター 3階メイン広場

■時間:16:00~閉館まで

■イベント内容:
テラス正面にはフラワーウォールと呼ばれるインスタ映えする空間が登場。
天井から色とりどりの花々が降り注ぎ、ライトアップ時は1つ1つが幻想的な雰囲気に。
高さ8mの本物のモミの木はシャンパンゴールドのライトで彩られる。
そして、クリスマスツリーの根元にはクリスマスフォレストに暮らす動物まで。

横浜駅東口で雨に濡れない楽しみ方 – 横浜で暮らそう

MINATOMIRAI CHRISTMAS 2022

そして4つ目は「MINATOMIRAI CHRISTMAS 2022」です。
ランドマークプラザ」と「MARK IS みなとみらい」で開催のクリスマスイベント。
こちらも恒例イベントですが、大きな特徴は毎年テーマが変化することです。
2022年のテーマは「『ハリー・ポッター』〜魔法ワールドと出会う旅~」となります。

「ハリー・ポッター」シリーズは、全世界累計発行部数5億冊の大ベストセラー小説。
世界中に熱狂的なファンも多く、創刊から20年経った現在も映画化されるほど人気です。
そんな「ハリー・ポッター」が2施設とコラボし、クリスマスイベントを開催しています。
「ハリー・ポッター」の世界観を感じられるようなクリスマスの装飾が施されていました。
限定グッズの販売などもあり、ファンの方々には嬉しいイベントですね。

みなとみらいへ訪れた方々を魔法の世界へ誘う特別なクリスマスになりそうですね。
アクセスは、JR京浜東北線「桜木町駅」から歩いて約5分となります。
MARK IS みなとみらいへ訪れる場合は、みなとみらい線「みなとみらい駅」から直結。

■日程:2022年11月10日(木)~ 12月25日(日)

■会場:ランドマークプラザ/MARK IS みなとみらい 館内各所

■参加費:無料
※スカイガーデンのみ入場チケット(大人:1,000円)の購入が必要

■時間:10:00~21:00

■イベント内容:

(1)「ハリー・ポッター」ホグワーツ 魔法の樹[クリスマスツリー]
場所:ランドマークプラザ1階 サカタのタネ ガーデンスクエア
夜のショータイムに雪やキャンドルが煌めき、光が飛び交う幻想的で華やかな空間を演出。
魔法使いが凍った雪に魔法をかけ、クリスマスツリーにキャンドルが灯るストーリー。

(2)「ハリー・ポッター」クィディッチの樹[クリスマスツリー]
場所:MARK IS みなとみらい1階 グランドガレリア
映画にも登場する魔法界の人気スポーツ「クィディッチ」。
これをテーマにしたクリスマスツリー「『ハリー・ポッター』クィディッチの樹」が登場。
風/音/光がツリーを旋回する魔法のクリスマスを体験。

(3)「ハリー・ポッター」魔法使いたちが横浜上空に大集合
場所:69階展望フロア「スカイガーデン」
「SKY JOURNEY」をテーマに地上273mの眺めから映える魔法使いのようなフォト撮影。
映画での組分けシーンやほうきに乗り空を飛ぶシーンなどのフォトスポットが出現。
LEGOや書籍の展示など、展望フロア全体で「ハリー・ポッター」の世界観を楽しめる。

(4)「ハリー・ポッター」魔法ワールドのスタンプラリー
場所:ランドマークプラザ/MARK IS みなとみらい[計6か所]
魔法ワールドの世界観に染まったみなとみらいエリアでポイントを巡るスタンプラリー。
各ポイントでスタンプを集めて応募すると抽選でオリジナルグッズをプレゼント。

桜木町駅は横浜観光を巡るスタート地点 – 横浜で暮らそう

ヨルノヨ2022

4つ目は「ヨルノヨ2022」です。
ヨルノヨは、横浜最大級の新港中央広場を中心に開催される都市型イルミネーション。
新港中央広場は、横浜赤レンガ倉庫と横浜ワールドポーターズの間に位置しています。
横浜観光を楽しむのにも訪れやすいため、たくさんの来場者で賑わうのも特徴です。
2022年で4回目の開催となる今年のテーマは「GROW-進化する-」。
「ひと・もの・文化」が交差(CROSS)し巡る(FLOW)ことで、新しいものへと進化(GROW)していく横浜を光と音で表現します。

ヨルノヨ 2021
ヨルノヨ2021 の様子
ヨルノヨ 2021
ヨルノヨ2021 の様子

今年から日本郵船氷川丸やホテルニューグランドなど山下公園側の施設が加わりました。
そのため、演出参加施設も27から34に増加したことでさらにパワーアップ。
アクセスは、みなとみらい線「馬車道駅」から歩いて約8分です。

■日程:2022年11月24日(木)~ 2023年1月3日(火)

■会場:横浜都心臨海部
新港中央広場/横浜港大さん橋国際客船ターミナル/山下公園/PORTAL(全12か所)

■入場料:無料

■時間:17:00~21:05

■イベント内容:

(1)光と音楽が躍動する5分間のプログラム「NIGHT VIEWING」(30分毎)
場所:新港中央広場/大さん橋ふ頭ビル/山下公園
横浜港/歴史的建造物/近代ビル群などとともに光と音楽が連動する時間限定の演出。
メインビューポイントの大さん橋からは迫力の演出が楽しめる。

(2)広場から山下公園まで楽しめる「NIGHT WALKING」(17:00~21:05)
場所:新港中央広場/大さん橋ふ頭ビル/山下公園/PORTAL[12か所]
今年は新たに大さん橋ふ頭ビルや山下公園でもプログラムを実施する。
フォトジェニックな光のドーム「CROSSDOME」やさまざま形のオブジェなどを設置。
人の動きに反応して映像が変化するものや光と噴水が連動するプロジェクション等を実施。
山下臨港線プロムナードがあるウォーターフロント沿いの道は光で演出。
夜景を撮影できるフォトスポットとしても楽しめる。
他にも、スタンプラリーや食事やショッピングをお得に楽しめるデジタルクーポンを発行。
日本大通りや象の鼻パークの都心臨海部では光とアートのプログラムなどを開催予定。

休日に行きたい!横浜観光の定番 馬車道を歩こう – 横浜で暮らそう

ヨコハマイルミネーション2022

最後の6つ目は「ヨコハマイルミネーション2022」です。
ヨコハマイルミネーション2022は、横浜駅西口広場周辺が点灯するイルミネーション。
このイルミネーションは、毎年異なるテーマで彩られるのが最大の特徴となっています。
今年で39回目となる今回は「雪の華(雪の結晶)」をイメージしてデザインされました。

横浜駅西口に降り注いだオーロラの光が、手に触れた瞬間に雪の結晶となり冬の街に美しい雪の華が咲いたような幻想的な世界を表現します。
オーロラの光を受けて光り輝く雪の華は、横浜駅西口に集う皆さまを温かく包み込みます。
約17万個の電球が横浜駅西口を彩ります。

ヨコハマイルミネーション2022「Snow Flower」〜 夜空にきらめく 雪の華〜を開催!! – 一般社団法人 横浜西口エリアマネジメント

イルミネーションに使用されるLED球はSDGsに配慮され、省エネタイプとなっています。
今年は「ヨルノヨ」とパートナーシップを結び、横浜のイルミネーションを盛り上げます。
アクセスは「横浜駅」から歩いて約1分です。

■日程:2022年11月16日(水)~ 2023年2月14日(火)

■会場:
横浜タカシマヤ壁面/相鉄ジョイナス壁面/横浜モアーズ壁面
横浜駅西口警備派出所(西口交番)/横浜駅中央西口駅前広場大屋根
みなみ西口広場歩道(植栽)/幸川(横浜ビブレ前)/新田間川(ハマボール イアス前)

■時間:17:00~23:00[予定]

■イベント内容:

(1)横浜駅中央西口駅前広場
横浜タカシマヤ/相鉄ジョイナス/横浜モアーズ各壁面をRGBのLEDライトで一体感を演出
横浜駅中央西口駅前広場大屋根にもイルミネーションを設置
10分ごとに音楽に合わせてイルミネーション演出を展開

(2)みなみ西口エリア[相鉄口]
植栽を中心に雪のモチーフを設置して横浜駅中央西口駅前広場との連動感を演出

(3)川沿い周辺エリア[横浜ビブレ前・ハマボール イアス前]
横浜ビブレ前の幸川とハマボール前の新田間川を中心に水辺をライトアップ

2022年も横浜のイルミネーションを見に行こう!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ここまで、横浜の2022年イルミネーションとクリスマス情報をお伝えしました。
少しでも参考になれば幸いです。
特に、観光地としても人気の横浜・みなとみらいエリアはクリスマスシーズンにおすすめ。
寒く湿度の低い冬はイルミネーションがより一層光り輝き、クリスマスを盛り上げます。
クリスマス当日はもちろん、期間の長いスポットでは2か月以上開催されていることも。
1日とは言わず、複数日にわたってさまざまなスポットを巡るのもアリですね。
家族 恋人 友達 など…
大切な人と過ごすクリスマスを特別な時間にしてくれること間違いなし。
横浜観光を満喫しながら、クリスマスならではのイベントも思いっきり楽しみましょう。

【大募集】横浜の周辺情報 ここが知りたい!

横浜・相鉄沿線・周辺のここが知りたい!

関連コンテンツ
Writer