横浜で住む、暮らす、楽しむ 横浜に住む暮らすの情報

休日に行きたい!横浜観光の定番 馬車道を歩こう

馬車道

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分39秒です。

休日に行きたい!横浜観光の定番 馬車道を歩こう
横浜にある「馬車道」をご存知でしょうか?
馬車道は、横浜市中区にある地域名および道路名です。
横浜市民にとっての「馬車道」とは、知らない人はいない馴染み深い場所です。

このコンテンツは2020年8月26日公開した内容を更新しています。

休日に行きたい!横浜観光の定番 馬車道を歩こう

はじめて横浜に観光で訪れる方にとっては、聞き慣れない地域かもしれません。
観光地として有名になったきっかけは、2004年に横浜高速鉄道みなとみらい線開通です。
この地域に停車する駅名が「馬車道駅」となりました。
「馬車道」というのは行政上の正式な町名ではなく、地元民へ定着した伝統的な通称。
今回は、異国情緒溢れるオシャレな街「横浜 馬車道」の魅力を歴史とともに巡ります。

馬車道の歴史を学ぶ

馬車道の歴史や地名の由来については 馬車道(横浜市) – Wikipedia から引用いたします。

関内の桜木町寄りに位置するこの道路は、幕末に開港したことから始まる。
幕府は神奈川(横浜)を開港させ、「吉田橋」に関門を設けた。その初めにできた関門に開港場側から至る道が馬車道である。
国道133号(本町通り)を過ぎると万国橋通り、首都高を越えると伊勢佐木町通り。また、馬車道の周辺地域も馬車道と呼ばれる。

アメリカが江戸幕府に開国を要求し、日米修好通商条約が結ばれた。これによって貿易のため横浜港が開かれ、関内に外国人居留地が置かれた。
その関内地域と横浜港を結ぶ道路のうちの一つとしてこの道は1868年に開通した。
外国人はこの道を馬車で往来しており、当時の人々にその姿は非常に珍しく、「異人馬車」などと呼んでいたことから、この道は「馬車道」と呼ばれるようになった。

馬車道(横浜市) – Wikipedia
万国橋と大岡川

幕末に横浜港が開港したことで、現在の「関内駅」周辺は、外国人の居留地となったのです。
そのため、関内には外国人の移動手段として、馬車が行き交うようになりました。
現在の馬車道は、文字通り「馬車が通る道=馬車道」と呼ばれるようになったのです。

「関内駅」近くにある、吉田橋から本町通り交差点まで続いているのが「馬車道通り」です。
この通りの歴史は古く、「日本大通り」と一緒で江戸時代の1866年に開通した通りとなっています。

吉田町
吉田町

馬車道は、江戸時代までさかのぼるため、とても歴史の長い街であることがわかります。
現在でも、当時の面影を感じる貴重なレンガ造りの道路・ガスの街灯・近代的な洋風の建造物など、数多く残っていました。

馬車道 散歩におすすめなスポット4選

ここからは、横浜の歴史を知ることができる博物館や資料館を4つご紹介いたします。
なお、今回ご紹介するおすすめスポットは、みなとみらい線「馬車道駅」から徒歩で行くことができます。
馬車道駅も、近代的で異国情緒溢れるオシャレなレンガ造りの駅舎となっています。

みなとみらい線「馬車道駅」

「横濱ハイカラ バス旅きっぷ」で横浜観光を巡る旅 – 横浜で暮らそう

横浜県立歴史博物館

横浜県立歴史博物館は、神奈川県の歴史と文化を紹介する博物館です。
1904年に横浜正金銀行本店として建てられましたが、現在は国の重要文化財に指定されています。

神奈川県立歴史博物館 外観

歴史ある レトロでおしゃれなカフェ「馬車道十番館」

馬車道を散策して歩き疲れたら、レトロでおしゃれなカフェ 馬車道十番館でティータイムもアリですね。
明治時代の建築様式を再現した、情緒ある西洋館となっています。
レトロな雰囲気が魅力のレストランは「インスタ映え」する、ハマっ子には有名な建物です。

横浜開港の頃、海岸沿いに建てられた外国の商館は「一番館」「二番館」・・と呼ばれていました。
山手十番館は母体である勝烈庵の十番目の店として昭和42年(1967年)に明治100年を記念して建てられたものです。

横浜・関内には開港当時の面影を物語る数多くの建造物や資料が残されていましたが、大正の震災や戦災でそのほとんどが失われてしまいました。
馬車道十番館は、そのころの建築様式を参考に、明治の西洋館を再現致しました。館内に保存された開化期の文明の香りを伝える数々の資料と併せて古き良き時代を偲んで頂ければ幸いです。

当館について – 馬車道十番館

ニュースパーク(日本新聞博物館)

ニュースパーク(日本新聞博物館)は、横浜にある情報や新聞の体験型ミュージアムです。
子どもから大人まで、新聞の歴史や役割「情報を正確に伝える大切さ」などを楽しく学ぶことができる施設となっています。

みなとみらい線「日本大通り駅」3番出口から徒歩30秒「ニュースパーク(日本新聞博物館)」

横浜開港資料館

横浜開港資料館は、幕末の開港期から昭和初期までの横浜の歴史について展示されている資料館です。
常設展のほかに企画展が年4回ほど開催されているため、1年中楽しむことができます。

緑の多い「横浜開港資料館」正面入口

ここまで紹介した施設の詳しい内容は、別のコンテンツでもお伝えしていますので、あわせてご覧ください。

横浜で博物館に行くなら中区がおすすめ – 横浜で暮らそう

ヨコハマ創造都市センター「BankART Temporary」

BankART Temporary(バンカートテンポラリー)」は、1929年に建てられた「旧第一銀行横浜支店」を移築し、一部復元された歴史的建造物です。
さまざまな変遷を経ている建物は、2020年4月に「YCCヨコハマ創造都市センター」から名称が変更されました。
現在、横浜市が推進する「クリエイティブ・シティ構想(創造都市構想)」の拠点としたアートスペースとなっています。

Screenshot of www.bankart1929.com

ヨコハマ創造都市センター「BankART Temporary

外観は、重厚なトスカーナ式オーダーの列柱を並べた半円形のバルコニーが特徴の美しい建物となっています。
入口すぐの1階スペースは、高い天井と白い壁の内装がまるでお城のようですね。
ここでは、撮影のロケ地として数多く使用されています。
気になる方は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

YCC横浜創造都市センターTwitter より

横浜 馬車道には「日本発祥」がたくさん

横浜港のすぐそばにあった馬車道は、明治時代の文明開化により、日本初となるさまざまな外国文化がやってくる玄関口となっていました。
今では、私たちに馴染みのあるものが馬車道から日本全国に広まっていったのです。
そのため、当時の流行をいち早く取り入れていた馬車道には「日本発祥の地」となっているものが数多く存在しています。
馬車道では毎年、歴史を祝うお祭りやイベントが開催されています。
「馬車道まつり」は、文明開化を思わせるような、馬車や鹿鳴館時代のドレス姿の女性を見ることができます。
他にも、屋台・コンサートなどのイベントが盛りだくさんとなっています。

ここからは、馬車道が「日本発祥の地」となった有名なものを2つご紹介いたします。

日本 アイスクリームの発祥は馬車道

1つ目は、子どもから大人まで大好きなアイスクリームです。
アイスクリームの発祥については、独立行政法人 農畜産業振興機構にて次のように紹介されています。

日本人とアイスクリームの出会いは、江戸時代末期のこと。幕府が派遣した使節団が訪問先のアメリカで食べたのが最初で、そのおいしさに驚嘆したと言われています。
そして明治2(1869)年6月(新暦7月)、町田房蔵なる人物が横浜馬車道通りで氷と塩とを使用して、日本人として初めて、アイスクリーム「あいすくりん」の製造販売を始めました。
この「あいすくりん」は牛乳、卵、砂糖で作った今に言うシャーベットのようなものと思われます。

日本アイスクリーム産業の歴史|農畜産業振興機構

実は、明治時代に発売されていた「あいすくりん」を現代風にアレンジ・再現したアイスクリームがあります。
横浜赤レンガ倉庫1階「YOKOHAMA BASHAMICHI ICE」では、当時のアイスクリームが出来立てで味わえるのです。

横浜赤レンガ倉庫1階「YOKOHAMA BASHAMICHI ICE」

日本アイスクリーム協会は、5月9日を「あいすくりーむの日」に制定しています。
そのため、馬車道商店街では毎年、5月9日に「あいすくりーむ発祥記念イベント」が行われます。
このイベントで1番の催しは、訪れた先着5,000名の方に「馬車道あいす」を無料で配布していることです。
気になる方は、是非とも足を運んでみてくださいね。
※なお、2020年の「あいすくりーむ発祥記念イベント」は新型コロナウイルスの影響で中止でした。

日本初のガス灯

1871年(明治4年)、横浜駐在のドイツ領事がガス会社の設立を神奈川県に申請。県は権益が外国人の手に落ちることを嫌い、建設業や旅館業などを手広く営む高島嘉右衛門(たかしま・かえもん)に相談しました。高島は準備会社である日本社中を結成、フランス人技師のアンリ・プレグランを招き、1872年、横浜瓦斯会社を設立しました。自前でガスを製造し、同年9月29日(新暦の10月31日)には横浜の大江橋から馬車道、本町通りに並べられたガス燈が点灯されました。ガス燈は文明開化の象徴として急速に普及、1874年には東京・銀座通りに85基のガス燈が設けられ、銀座名物となりました。

ガスの記念日について – 一般社団法人 日本ガス協会

馬車道には「日本初のガス灯が灯された場所」として、東京ガスの協力で設置された案内板がありました。

「イギリスからやってきたガス灯たち」案内板

ここまで、馬車道にたくさんの「日本発祥」のものがあることをお伝えしました。
そのため、馬車道の歩道にはたくさんの「日本発祥」をモチーフにしたタイルがあります。
馬車道を歩きながら、探してみてくださいね。

馬車道 タイル2
日本初のガス灯
馬車道 タイル1
海外から持ち込まれた馬車

馬車道の歩き方

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

日本の近代化に大きく貢献した「馬車道」には、今でも当時の雰囲気を感じることができます。
異国情緒溢れるオシャレな街「馬車道」を観光がてら、散策してみるのもアリですね。
そんな「馬車道」で、歴史を感じてみてはいかがでしょうか。

横浜 20年住んで感じた街の魅力 地方出身者目線 – 横浜で暮らそう

【大募集】横浜の周辺情報 ここが知りたい!

横浜・相鉄沿線・周辺のここが知りたい!

関連コンテンツ
Writer