横浜で住む、暮らす、楽しむ 横浜に住む暮らすの情報

横浜の野毛山動物園は無料で楽しめる立地も最高

野毛山動物園

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分54秒です。

横浜の野毛山動物園は無料で楽しめる立地も最高

週末・連中・長期休暇、遠出もいいけど近場で楽しむ。
横浜でマイクロツーリズムを楽しむのなら…そのひとつとして楽しむ場所が野毛山動物園
野毛山動物園は動物園だけではなく、周辺の環境にも楽しむ場所があります。

横浜の野毛山動物園は無料で楽しめる立地も最高

新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策のため6月11日から平日のみ開園していた横浜の「野毛山動物園」が7月4(土)から土日祝日も開園となりました。
横浜駅やみなとみらい方面からもアクセスがよく、しかも無料!
今回は休日のお出かけにおすすめの野毛山動物園と周辺情報をご紹介します!

横浜の野毛山動物園はなぜ無料?

野毛山動物園

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E6%AF%9B%E5%B1%B1%E5%8B%95%E7%89%A9%E5%9C%92#/media/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Nogeyama_Zoo.JPG

横浜みなとみらいを望む高台、野毛山公園内にある「野毛山動物園」。
レッサーパンダ、ライオン、トラ、キリンなど約100種を超える動物が展示されています。
たくさんの動物が見られるのにも関わらず、なんと入場料は無料なんです!
なぜこんな充実した動物園が無料なのか、その理由を知るために少し歴史を振り返ってみました。

動物園ができたきっかけは、昭和24年に横浜市で開催された日本貿易博覧会の会場だった野毛山公園で動物を展示し人気を博したことから、昭和26年(1951年)に遊園施設も加えて「野毛山遊園地」としてオープン。
当時から子どもが遊びながら動物の生態や自然を学ぶことができる、憩いの場として人気だったそうです。

そして昭和39年(1964年)に貯水池建設のため遊園地部分が閉園したときに、動物園は社会教育の一環であるということから入場料が無料になりました。
閉園の危機も存続を望む市民の声で乗り越え、野毛山動物園は今も無料のまま横浜市民に愛され続けています。

横浜の動物園事情

実は横浜市には野毛山動物園を含め4つも動物園もあり、野毛山動物園を無料としていることからもわかるように横浜市の並々ならぬ教育、自然環境保全への情熱を感じられます。

横浜でも最大規模なのが東京ドーム約10個分の敷地を誇る、横浜旭区の「よこはま動物園 ズーラシア」。
オカピーが名物のこの動物園では、テーマパークのようなデコレーションと自然な生態が鑑賞しやすい展示をしているので、のびのび暮らす動物を世界旅行気分で楽しめます。
また相鉄線の都心直通運転で最寄り駅「鶴ヶ峰」へのアクセスも便利になりました。

オカピ

事前予約は必要だけど よこはま動物園 ズーラシアに出かけよう – 横浜で暮らそう

金沢自然公園にある「金沢動物園」はコアラやゾウが人気の動物たちを身近に感じることができる動物園です。また自然公園内に大型ローラーすべり台もあり、こどもが大喜びの立地となっています。

また旭区のこども自然公園にある「万騎が原ちびっこ動物園」現在はモルモットなど小動物のみになっていますが、こども自然公園内でも人気のエリアになっています。

南万騎が原の近くにあるこども自然公園で週末を – 横浜で暮らそう

参考:動物園の歴史
参考:横浜市動物園の沿革

野毛山動物園は図書館や有名神社が近くにある立地

野毛山動物園は横浜の中心にある立地なので、ついでに訪れたいポイントがたくさんあります。

動物園前にある著名プロダクトデザイナー・柳宗理デザインの歩道橋を渡ると、かつて遊園地だった野毛山公園の展望エリアがあります。天気がいい日はここの展望台で横浜を見渡すのがおすすめ。

みなとみらいや山手、根岸も見渡せる展望エリア
みなとみらいや山手、根岸も見渡せる展望エリア

さらにラッキーなら歩道橋から富士山が望めることも!

坂を降りきったところにあるのは、六角形を組み合わせた建物が印象的な横浜市立中央図書館。横浜関連の膨大な資料や蔵書、子ども向け図書など充実した施設です。

横浜市立中央図書館

近くの「伊勢山皇大神宮」にお参りされるのもおすすめ。現在の本殿は伊勢神宮からそのままの姿で移築されたもので、ぜひ一度観ていただきたい美しさです。

動物園と組み合わせて散策してみてはいかがでしょうか。

動物園の帰りは野毛三昧

また動物園をみた後のお楽しみとして、近くの「野毛」を満喫するのはいかがでしょうか。

大岡川にある都橋商店街辺りの飲み屋を「はしご酒」するのが大人気!
老舗、新しい店、さまざまなお店が軒を連ねているので、色々と野毛飲みを体験してみて自分のお気に入りのお店やはしごスタイルを探してみましょう。

横浜 野毛という地元観光地 – 横浜で暮らそう

「子連れだし、飲みはちょっと…」と敬遠される方には、入りやすいお食事どころはいかがでしょう。
例えば魚が美味しい「村田家」は夜も定食がいただけるし、お店も落ち着いた雰囲気でおすすめ。
洋食の老舗「センターグリル」もナポリタン、オムライス、ハンバーグなど子どもが好きなメニューが並んでいます。
甘いもの好きなら「もみぢ」でおいしい饅頭や団子を試してみてください。

「もみぢ」の和菓子はあんこの甘さが絶妙!

2つの最寄り駅がある動物園

野毛山動物園はJR根岸線・横浜市営地下鉄「桜木町」駅から徒歩 15 分、 京浜急行「日ノ出町」駅から徒歩 10 分という大変便利なところに立地しています。
ただ「野毛山」というだけあって、坂は急めだったりするので、歩くのが不安な方は市営バス 89 系統「一本松小学校」行き「野毛山動物園前」バス停を利用するのも手です。

みなとみらいに遊びにに行く、野毛ではしご酒を楽しむ、図書館や神社など近くのスポットを散策する、など動物園だけでなく複合的に楽しめるのが野毛山動物園の立地の魅力。週末のおでかけにおすすめです!

【大募集】横浜の周辺情報 ここが知りたい!

横浜・相鉄沿線・周辺のここが知りたい!

関連コンテンツ
Writer