横浜で住む、暮らす、楽しむ 横浜に住む暮らすの情報

鶴見の総持寺と夏の思い出

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分46秒です。

鶴見の総持寺と夏の思い出
鶴見区民に愛されているお寺、横浜の鶴見区民にとってこのお寺はみなとみらいや中華街などよりも思い出深いようです。
ここではその愛されているお寺「総持寺」に付いてお伝えいたします。

鶴見の総持寺と夏の思い出

「曹洞宗大本山總持寺」
Q.これを何と読むか分かりますか?

正解は…「そうとうしゅうだいほんざんそうじじ」です。

今回は、読み方も難しい「曹洞宗大本山總持寺」にスポットを当て、詳しくご紹介いたします。
以前も「曹洞宗大本山總持寺」については、少しだけ取り上げましたので、こちらもあわせてご覧ください。

鶴見駅は西口と東口では異なる顔を持つ – 横浜で暮らそう 

曹洞宗大本山總持寺(総持寺)とは

曹洞宗大本山總持寺(ここからは「総持寺」と表記します)は、横浜市鶴見区にある曹洞宗の仏教寺院です。
総持寺の正式名は、「諸嶽山總持寺」です。
この横浜市鶴見区にある総持寺は、全国に関連寺院が約1万5000寺もある曹洞宗の大本山なのです。

開創は700年以上前ですが、1911(明治44)年に本堂からの出火で焼失しました。
そのため、石川県能登地方から現在の横浜市鶴見区へ移転しました。
総持寺でご祈祷する願目としては、家内安全や安産祈願、良縁成就、交通安全、商売繫盛などがあります。
国際的な禅の根本道場としても有名な総持寺は、15万坪という広大な寺域に学校法人・総持学園が経営する三松幼稚園や鶴見大学附属中学校・高等学校、鶴見大学などがあります。

禅カフェ 茶房 おかげや

境内に「禅カフェ 茶房 おかげや」というカフェがあります。
ここのカフェは、三松閣という建物内にあるため、景色も良く落ち着いた空間となっています。

「禅カフェ 茶房 おかげや」
営業時間 7:00~17:00
定休日 なし
(*営業時間、定休日は異なる場合があります)
(モーニングセット・ランチセットあり)

これらの施設が充実していることもあり、総持寺の境内や参道は広く、緑が生い茂る自然豊かな場所となっています。
また、JR線・鶴見駅より徒歩5分、京急線・花月総持寺駅より徒歩10分でアクセスも良好です。

花月総持寺駅前1

しかし、総持寺が有名である1番の理由は、境内に昭和の大スター「石原裕次郎」さんが眠るお墓があることです。
毎年2月3日は、1987年7月に亡くなった石原裕次郎さんを偲び、「節分会追儺式大祈祷豆まき」が行われます。
そこには、石原プロモーション所属タレントの渡哲也さんや舘ひろしさん、神田正輝さんなどが足を運んでいるため、多数のメディアも取材に訪れます。
(※なお、2019年に三十三回忌を迎えた石原裕次郎さんも成仏したことから区切りが付けられ、2020年以降は実施されないようです。)

総持寺で開催される夏のイベントとは

総持寺では、年中さまざまな行事やイベントが行われています。
参拝に訪れる方でも、総持寺を楽しめるイベントが特に多いのが「夏」です。
主に総持寺が夏に開催するイベントは、6月の「夏季参禅会」と7月の「み霊祭り納涼盆踊り花火大会」です。

夏季参禅会

坐禅を本格的にやってみたい方にオススメです。
1日~3日の泊まり込みプランや予約なしで気軽に参加できるプランまで用意されています。(料金:1人300円~)
他にも、写経をできるため、日ごろの喧騒から離れて静かなひとときを過ごすにはぴったりですね。

み霊祭り納涼盆踊り花火大会(通称:み霊祭り)

「み霊祭り納涼盆踊り花火大会」は、1945年の横浜大空襲で亡くなった方々を供養する目的で1947年の夏からはじまりました。
近年では、横浜市の夏祭りで特に動員数の多い有名なお祭りの1つとなりました。

盆踊りや花火大会のほか、参道に100以上の屋台が立ち並ぶため、毎年多くの人で賑わう大規模なお祭りです。

お祭り 屋台
花火大会
花火大会

「み霊祭り納涼盆踊り花火大会」
開催期間 7月17日/18日/19日(3日間)
時間 17:30~21:00
(*曜日に関わらず、毎年同じ日程で開催されています)

残念ながら、2020年度の「み霊祭り納涼盆踊り花火大会」は、コロナウイルスの影響で中止でした。

他にも、鶴見区の有名なお祭りに「潮田祭り」があります。
こちらの記事もあわせてご覧ください。

総持寺の思い出

ここからは生まれも育ちも鶴見区民の私が、子どもの頃から慣れ親しんだ総持寺の思い出を少しだけご紹介します。

地元民が毎年、夏の風物詩としている「み霊祭り納涼盆踊り花火大会」です。
毎年のように家族や友達と訪れていたため、夏になるといつもワクワクしていました。

また、小さい頃に保育園のお散歩で出かけた総持寺の境内では、修行中のお坊さんに遭遇したことがあります。
めったに出会えないため、貴重な体験をしたことは今でも覚えています。

緑が生い茂る自然豊かな参道

神聖な寺院と豊かな自然が相まり、一歩足を踏み入れると、そこは別世界です。
厳かで心洗われる「総持寺」の魅力を発見しに一度訪れてみては、いかがでしょうか。

【大募集】横浜の周辺情報 ここが知りたい!

横浜・相鉄沿線・周辺のここが知りたい!

関連コンテンツ
Writer