横浜で住まい、暮らす、楽しむ 横浜〜神奈川の暮らし情報

横浜市介護支援は高齢者を持っている家庭にオススメ

緑園都市

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分4秒です。

横浜市介護支援は高齢者を持っている家庭にオススメ

横浜市介護支援は高齢者を持っている家庭にオススメ
横浜市は高齢化に先駆けて積極的に介護に取り組んでいます。各地に介護支援サービスがあり、高齢者を家族にもつ家庭が安心して住める街づくりをしています。

居宅介護支援【新規指定】 横浜市

相鉄沿線でも高齢者向けの住宅建設や、都内通勤が便利になる相鉄相互直通など住みやすい環境を整えています。ここでは横浜が取り組んでいる介護支援と、相鉄がいずみ野線で行っている高齢者に優しい街づくりに注目します。

都心とつながる(都心直通プロジェクト)|未来への取り組み|相鉄グループ

横浜は高齢者支援が手厚い

高齢化がすすむ中、横浜は介護支援について積極的に取り組んでいます。歴史のある町が多く老年人口が上昇傾向にあるため、随時対応型訪問介護看護などで高齢者を支えています。

横浜 高齢者
Photo by Khalil Benihoud on Unsplash

また、横浜は地域ケアプラザという高齢者向け施設があります。地域ケアプラザは、横浜市が各福祉法人団体を管理者に指定して運営されています。地域ケアプラザは横浜市全体で100ヶ所以上あり、相鉄直通運転で注目を集めているいずみ野線にも、いずみ中央地域ケアプラザが存在します。

地域ケアプラザ紹介 横浜市

都心に通勤している知り合いが地域ケアプラザを利用していますが、高齢者の安否確認ができるため重宝しているようです。

いずみ野線沿線地域は、高齢化社会を見据えた地域

環境未来都市として高齢化や社会問題に取り組む横浜は、郊外の住宅改修など市民生活の改善を進めています。そのモデル地区となっている相鉄いずみ野沿線は、多様な年齢層が住みやすい地区に変化しています。

南万騎が原
南万騎が原

南万騎が原 は「みなまき」と公園の街 – 横浜で暮らそう

老人ホームや介護施設も多いので、高齢者を支える環境が整っています。学校や医療施設など幅広い世代が住みやすい地域になっている理由は、相鉄線が暮らしを豊かにする取り組みに注力しているためです。相鉄線がJRと相互直通になるので、いずみ野線沿線は更に便利になります。

以前いずみ野線を利用したときは都心へ向かう場合乗換えが大変でしたが、相互直通になることで今後は簡単に都心へ移動できそうです。

相鉄 JR 直通 運転 について – 横浜で暮らそう

再開発で住環境が向上した二俣川駅

昨今、再開発で暮らしやすくなったのは二俣川駅周辺です。相鉄線の要で、特急・急行・快速が停車する上に、相鉄直通運転によって都心へのアクセスが更に楽になりました。

横浜に昔から住んでいる人にとっては運転免許試験場のある場所という印象が強いですが、商業施設やタワーマンションなど再開発事業が盛んで、家族で移り住む場所として注目を集めています。相鉄直通運転でアクセスが良くなったことを考慮すると、都心へ通勤している人にとっても魅力的な地域です。

生活の拠点にしやすい緑園都市駅周辺

現在も開発中の緑園都市駅周辺は、落ち着いた暮らしを求めている家族に人気のエリアです。新しく開発しているため商業施設や介護施設が充実しています。自然も多く都心へ通勤している人の癒しになりますし、介護が始まった家族にも適しています。

緑園都市
緑園都市

仕事の関係で訪れたことがありますが、閑静な住宅地といった印象でした。駅からの道が広く歩きやすいので、子供や年配の人が住みやすい住環境といえます。児童館や総合病院もあるので、大家族が暮らす生活の拠点に向いています。

緑園都市にある心地よい暮らし – 横浜で暮らそう

静かな生活ができる横浜市泉区は弥生台駅を利用

相鉄線を利用しながら、静かな生活ができる地域を探すなら横浜市泉区です。弥生台駅の駅前に交番があるので治安も良いです。日帰り温泉がある地域なので、高齢者がいる家族にも向いています。

弥生台駅 そうてつライフ
弥生台駅 そうてつライフ

病院や老人ホームもあるので介護が始まった親を持つ人にもオススメです。いざというときに受けられる介護サービスが充実していると、安心して生活できます。

横浜市が高齢者福祉を重点的に行っている上に、相鉄沿線がシニアサービスに力を入れているので高齢者がいる家族に魅力的です。相鉄線を利用できるので湘南台や横浜に移動するのも楽ですし、相鉄直通運転によって都内通勤もスムーズです。知り合いが結婚後に親と二世帯住宅で暮らしていますが、病院が近いため手軽に連れて行けるので便利だそうです。

都心へ通勤しながら親を介護しているなら相鉄沿線

横浜洪福寺松原商店街
横浜洪福寺松原商店

横浜が取り組んでいる介護支援と相鉄が行っている街づくりは、高齢の親を持っている人にとって魅力的です。都心への通勤をしながら親の介護をするのはとても大変なこと、介護の負担を減らしながら仕事ができるため、相鉄沿線は今人気が上がっています。

今後は更に整備され地価も上がることが予想されるため、今のうちに引越ししておくのもいいかもしれません。

相鉄相互直通でダイヤ改正されます

11.30ダイヤ改正
11.30ダイヤ改正|都心とつながる(都心直通プロジェクト)

相鉄直通運転にともなうダイヤ改正の特徴と横浜通勤のメリット 
相模鉄道が11月30日に開通される相鉄横浜線(相鉄JR直通運転)に伴いダイヤ改正を行うこととなりました。 
ポイントは次の通りです

運転本数は終日46往復(92本) 
朝ピーク時間帯は4本/時、その他時間帯は2~3本/時 
朝の一部列車は大宮方面へ 
いずみ野線から横浜へ直通(通勤急行) 
JR直通列車と二俣川で接続(通勤特急) 
女性専用車が4号車から10号車(8両編成は8号車)に変更 

詳細は 相鉄直通運転にともなうダイヤ改正の特徴と横浜通勤のメリット をご覧ください

【大募集】横浜の周辺情報 ここが知りたい!

横浜・相鉄沿線・周辺のここが知りたい!

guestpost
Writer
この記事はゲストによる一般投稿です