横浜で住む、暮らす、楽しむ 横浜に住む暮らすの情報

東神奈川ってどんなところ?

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分53秒です。

東神奈川ってどんなところ?

みなさんは「東神奈川」をご存知でしょうか?
乗り換えはJR線と京急線の2駅があり、商業施設や飲食店などもあってとても便利な街です。
このコンテンツは、横浜市神奈川区の「東神奈川」についてご紹介します。

東神奈川ってどんなところ?

東神奈川は、横浜市神奈川区南部に位置する海沿いの街です。
ベイエリアのため、近くには横浜市中央卸売市場があります。

隣接する地域は、以下のようになっています。

  • 「浦島太郎伝説」で有名な「浦島丘」「亀住町」
  • 京急線「神奈川新町駅」の最寄り「新町」
  • 京急線「神奈川駅」の最寄り「神奈川」 など…

交通の利便性も魅力の1つで、最寄り駅が2駅あるほか、高速道路も走っています。
今回は、そんな「東神奈川」の「住みやすさ」や「雰囲気」についてお伝えします。

横浜 神奈川区に伝わる「浦島太郎伝説」とは? – 横浜で暮らそう

神奈川新町ってどんなところ? – 横浜で暮らそう

なぜ「東神奈川」なのか? 地名の由来と歴史について

まず「東神奈川」という地名の由来と、その歴史についてお伝えいたします。
東神奈川の歴史は浅く、1976年にそれぞれ周辺地域の一部から新設されました。

1976年(昭和51年)の土地区画整理事業施行に伴い、神奈川通、御殿町、神明町、東神奈川町、亀住町、稲荷町の各一部から新設された[5]。

東神奈川 – Wikipedia

そして「東神奈川」という地名の由来は、以下のようになっています。

町名は東神奈川駅から採られている[5]。

当時、国鉄に神奈川駅(後に廃止)が存在したため、頭に「東」を冠した。

東神奈川 – Wikipedia

現在の「東神奈川駅」ができる以前、同じく国鉄の隣駅には「神奈川駅」がありました。
その「神奈川駅」東側に位置していたことから、現在の「東神奈川駅」となったそうです。
JR線「東神奈川駅」は、JR横浜線の前身となる、横浜鉄道が1908年に開業したのが始まりです。

東神奈川駅は東海道本線上にある駅であるが、この区間の東海道本線開通時にはまだなく、横浜と八王子を結ぶことを目的として建設された私鉄の横浜鉄道(後の横浜線)が、東海道本線との接続駅として建設した。横浜鉄道では、横浜側の接続駅として神奈川駅や平沼駅などを検討していたが、土地が狭いなどの理由で、東神奈川駅の位置において接続する方針となった[2]。こうして1908年(明治41年)9月23日に、横浜鉄道線の開通とともに東神奈川駅は開設された。

東神奈川駅 – Wikipedia

ちなみに、国鉄「神奈川駅」という駅名は、旧東海道の「神奈川宿」から由来しています。

東海道五十三次 神奈川 台之景

また、京急線「京急東神奈川駅」は、もともと「仲木戸駅」という駅名でしたが、2020年3月に改称されました。
その理由は、JR線「東神奈川駅」に乗り換えできる駅として認知度が低かったためです。

東日本旅客鉄道(株)の東神奈川駅と隣接していながら、駅名が異なることで乗り換え可能な駅としてお客さまから十分に認知されていないことから、「京急」を冠したうえで同駅名とし、乗り間違いを防ぎつつ利便性を高める。

2020年3月に4駅の駅名を変更します – 京浜急行電鉄 ニュースリリース

神奈川区ってどんなところ? – 横浜で暮らそう

JR線「東神奈川駅」と京急線「京急東神奈川駅」について

東神奈川で1番の魅力は、交通の利便性が良く、都心へのアクセスも良いことです。
そこで、東神奈川における交通の利便性や雰囲気についてお伝えいたします。

東神奈川の最寄り駅は、JR線「東神奈川駅」と京急線「京急東神奈川駅」の2駅です。
この2駅は、国道1号線と15号線に挟まれる形で走っています。

国道15号線
国道1号線

そして、それぞれが歩道橋でつながっているため、行き先に応じて路線変更も可能です。
複数路線の駅があるため、もしも電車が止まって利用できなくなった場合でも安心ですね。
ただし、乗り換えには外を通るため、天気の悪い日には注意しましょう。

JR線「東神奈川駅」は、改札口にみどりの窓口やコンビニがあります。
また、構内には駅ナカ店舗もあり、電車の待ち時間に利用できて便利ですね。
その中でも1番のメリットは、京浜東北線と横浜線の2線が利用できることです。

JR線「東神奈川駅」は「品川駅」まで約23分となっています。
都心への通勤手段として考えると、乗り換えなしで行けるのは嬉しいですね。
通勤ラッシュ時間帯はもちろん、平日の昼間にも混雑していました。
JR線「東神奈川駅」から約10分歩けば、東急東横線「東白楽駅」へ到着します。

東急東横線 東白楽駅

京急線「京急東神奈川駅」は、JR線「東神奈川駅」よりも質素な雰囲気となっています。
ホームへのエレベーターや自動販売機などはありましたが、その他は何もありません。

1番のメリットは、「エアポート急行」と「普通」の2つの車両が停車することです。
「エアポート急行」に乗車すれば、羽田空港へ乗り換えなしで約25分となっています。
ちなみに「横浜駅」までは約3分のため、休日のお出かけにも最適ですね。

羽田空港 国際線ターミナル
羽田空港 国際線ターミナル
JR横浜タワー
横浜駅

お買い物に便利な東神奈川

ここからは、JR線「東神奈川駅」周辺のお買い物情報です。
「東神奈川駅」周辺を散策しながら、ご紹介いたします。

駅の西側には、1階の食料品フロアのみ7:00から23:00まで営業している大型スーパーがあります。
遅い時間まで営業しているため、仕事帰りでも気軽に利用できて便利です。
他フロアには、衣料品・雑貨・家電・ドラッグストア・飲食店などもあり、充実しています。
また、これ以外にもスーパーが複数店舗あるため、普段の買い物には困りません。

駅の東側には、JR線「東神奈川駅」に直結、全3フロアから構成される駅ビルがあります。
スーパー・飲食店・本屋・スポーツジム・クリニックなど、約20店舗が入っています。
21:00までの営業ですが、生鮮食品・惣菜・お弁当など、普段使いには嬉しいですね。
また、コンビニや飲食店なども充実していました。

横浜で住むなら何区がいい 横浜18区から厳選 – 横浜で暮らそう

東神奈川は「交通アクセス」と「お買い物」が便利な街

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ここまで、東神奈川の歴史・交通アクセス・お買い物の利便性についてお伝えしました。
少しでも参考になれば幸いです。
アクセス抜群な「東神奈川」へ足を運び、駅周辺を散策してみませんか。

【大募集】横浜の周辺情報 ここが知りたい!

横浜・相鉄沿線・周辺のここが知りたい!

関連コンテンツ
Writer