横浜で住まい、暮らす、楽しむ 横浜〜神奈川の暮らし情報

神奈川区ってどんなところ?

横浜ベイクォーター

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分40秒です。

神奈川区ってどんなところ?
横浜市内には、県と全く同じ字の区「神奈川区」があることはご存知でしょうか?

神奈川区はどんな街?」「住みやすいの?

今回は、歴史や暮らしやすさの視点から「横浜市神奈川区」をご紹介いたします。
このコンテンツを通して、少しでも参考になれば幸いです。

神奈川区ってどんなところ?

横浜市神奈川区は、市内の北東に位置する海と山に囲まれた自然豊かな場所です。

神奈川区の地形は「臨海部/内陸部/丘陵部」の3つに分かれています。

横浜市域全体図 – 横浜市

隣接する地域としては、西区・鶴見区・緑区・港北区となっています。

鶴見区については、別のコンテンツでも紹介していますので、あわせてご覧ください。

次に、神奈川区のシンボルマークとマスコットマークを見てみましょう。

カナガワの「カ」の文字をモチーフに、デザインしたもので、1981年(昭和56年)に制定しました。

神奈川区のシンボルマーク – 横浜市

神奈川区のマスコットマーク「かめ太郎
神奈川区に残る「浦島太郎伝説」の亀に因み、1983年(昭和58年)に制定されました。

神奈川区のマスコットマーク – 横浜市

臨海部の横浜港エリアには「京浜工業地帯」が広がっていることも特徴です。

京浜工業地帯

横浜・川崎は、明治期、横浜の鶴見区に、浅野財閥の創始者で、京浜工業地帯の生みの親と言われる浅野総一郎らが「鶴見埋立組合」(後の東亜建設工業)を設立し事業を開始した。 大正から昭和初期にかけて、今の神奈川区千若町・新浦島町・守屋町、鶴見区生麦・末広町・安善町、川崎市川崎区白石町・浅野町など、横浜・川崎地区に人工島を造成され、同時に運河が掘られた(これらを隔てていた運河は後に埋め立てられ、現在では陸続き)その後も土地の不足により、神奈川区出田町・恵比須町・宝町、鶴見区大黒町・末広町が埋め立てられる。埋め立てを行っている間にも様々な企業が集積し、工業地帯として発展を続けていった。

京浜工業地帯 – Wikipedia

臨海部の横浜港エリアには「横浜市中央卸売市場本場」や「横浜郵便集中局」など、横浜市を支える施設が集中しています。

また、大野町・金港町・栄町にある「ヨコハマポートサイド地区」には、オフィスビルや高層マンションが立ち並び、横浜の都会らしさを感じます。

大野町・金港町・栄町の「ヨコハマポートサイド地区」

ポートサイド地区の住まいについては、別のコンテンツでもお伝えしていますので、あわせてご覧ください。

神奈川区の歴史と由来

1927年の区制施行に伴い、神奈川区・鶴見区・中区・保土ケ谷区・磯子区の4区が横浜市で初めて制定されました。
神奈川区の歴史は古く、江戸時代以前にさかのぼります。

1601年(慶長6年)、武蔵国橘樹郡に神奈川宿が置かれる。

神奈川区 – Wikipedia

神奈川宿の「神奈川」という名前の由来には諸説ありますが、こんな記載がありました。

いくつかの説があり、本当のところはわかりませんが…。

その昔、区内を流れていた小さな流れを「上無川(かみなしがわ)」といっていました。

それは、いつも水が涸れてほんの少ししか流れていない。水源地もどこかわからないので、「上(かみ)がない川」と呼ばれていました。それがいつしか「み」「し」の二字を略して「かな川」をいうようになったという話です。

また、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東方へ赴く際、今の神奈川の海辺柚ヶ浦に船出の用意をしました。そこが「上無川(かみなしがわ)」なのでした。その時、倭姫(やまとひめ)にいただいた宝剣が金色燦然としてこの川水に映ったので、この地を金川(かながわ)と名付けました。その後時が移り、源頼朝がこの金川(かながわ)の風光を賞し、「<金>は西の方角をつかさどるというが、西方は上(かみ)にあたるし,皇城(こうじょう=都、天子のすむところ)にもあたる。これは神を大いに示す地である。」として<大いに示す>を「奈」の字にして、金川→神大示川→神奈川とすべきだといったので、その時から金川を神奈川としたという話です。

ほかにも、古文書の中に「神奈河」「狩野川」「かの川」「かな川」と記されているものがあります。

神奈川区の歴史 – 横浜市

神奈川宿は、「東海道五十三次」の宿場の1つです。
「東海道五十三次」は、江戸時代に整備された五街道の1つで、東海道にある53の宿場のことを指します。

「東海道五十三次」には有名な名所旧跡が多く、風景版画で有名な浮世絵師・歌川広重(安藤広重)の浮世絵をはじめ、和歌・俳句の題材にも数多く取り上げられていました。

神奈川宿歴史の道 – 横浜市神奈川区

東海道五十三次のひとつ神奈川宿。この地名が県の名前や区の名前の由来です。
またここが、近代都市横浜の母体でもありました。
しかし、関東大震災と第二次世界大戦によって、歴史的遺産の多くを失いました。
そのため地元の人でさえ、東海道がどこを通り、宿場町の様子がどのようであったかを知る人は少なくなりました。
現在、宿場町当時のものはほとんど失われてはいますが、台町の坂などに、当時の面影を見つけることができます。

神奈川宿歴史の道 – 横浜市神奈川区

浦島太郎伝説と神奈川区について

日本昔話の「浦島太郎」は、日本全国に150か所以上もゆかりの地があるとされています。
横浜市神奈川区もその1つで、古くから「浦島太郎伝説」が伝わり、物語を思わせる場所が数多く残っているため、その歴史に触れることができます。

「慶運寺(別名:浦島寺)」には、浦島太郎にまつわる記念物が龍宮へ行った時に乙姫からもらったとされる菩薩像などが安置されています。

太郎は助けた亀に連れられて「竜宮城」へ行き、乙姫様のもてなしを受けました。月日の経つのも夢のうちで、いつしか3年の歳月が流れました。
父母恋しさに暇を告げたところ、乙姫様は別れを惜しんで、玉手箱と聖観世音菩薩を太郎に与えました。
ついにこの玉手箱を開きますと、中から白い煙が出てきて白髪の老人になりました。3年と思ったのが実は300年、すでに父母はこの世の人ではなく、武蔵の国白幡の峰に葬られてあると聞いて尋ねてみると、二つの墓石が淋しそうに並んでおりました。
太郎は墓の傍らに庵を結んで菩薩像を安置し、父母の菩提を弔いましたが、この庵がのちの観福寿寺で、通称「うらしまでら」と呼ばれました。観福寿寺は明治5年に廃寺になり、現在は慶運寺に聖観世音菩薩像が安置されています。

神奈川区の歴史 – 横浜市

また、七島と大口通との境を流れていた川は浦島太郎が足を洗った川だということで、大口通に足洗川の碑があり、子安通一丁目には太郎が足を洗ったという井戸があります。

神奈川区の歴史 – 横浜市

他にも、亀がモチーフの街灯・浦島太郎が足を洗った井戸など「浦島太郎伝説 ゆかりの地」を肌で感じることができます。

神奈川区役所では、神奈川区の歴史・史跡・名所や浦島太郎伝説に関するパンフレット「かながわ歴史亀さんぽ」が配布されていますので、散歩ついでに「浦島町」へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

かながわ歴史亀さんぽ – 横浜市神奈川区

「東神奈川」と「仲木戸」地名の由来とは?

「東神奈川」は神奈川区の町名で、JR線の「東神奈川駅」から由来しています。

JR線「東神奈川駅」

路線はJR線以外にも、京急線「京急東神奈川駅」が乗り入れています。
京急線の「京急東神奈川駅」は、2020年に京急線の駅名変更に伴って「仲木戸駅」から「京急東神奈川駅」に駅名称が変更されました。

「京急東神奈川駅」の旧駅名である「仲木戸駅」という地名の由来は古く、江戸時代までさかのぼります。
駅名の変更理由としては、以下のようなことが挙げられています。

改称にあたっては、東日本旅客鉄道の東神奈川駅と隣接していながら、駅名が異なることで乗り換え可能な駅として旅客から十分に認知されていないことから、「京急」を冠したうえで同駅名とし、乗り間違いを防ぎつつ利便性を高めたものとされている。
改称にあたっては、東日本旅客鉄道の東神奈川駅と隣接していながら、駅名が異なることで乗り換え可能な駅として旅客から十分に認知されていないことから、「京急」を冠したうえで同駅名とし、乗り間違いを防ぎつつ利便性を高めたものとされている。

東神奈川駅 – Wikipedia

白楽といえば「六角橋商店街」

六角橋商店街は、旧綱島街道沿いの六角橋に約170店舗が立ち並ぶ、昭和レトロな商店街です。
東急東横線「白楽駅」が最寄りの六角橋商店街は、生鮮食品や雑貨・飲食店などの幅広いジャンルのお店が揃っています。

過去には、フリーマーケットやプロレスなどのイベントが開催されました。
近くには大学もあるため、地元の方で賑わう活気のある商店街です。

六角橋商店街 -【公式】横浜市観光情報

神奈川区で暮らしを始めるなら

神奈川区には、JR線・京急線・東急東横線などがあるため、乗り換えも便利です。

金港町には、大型商業施設「横浜ベイクォーター」があるほか「東神奈川駅」周辺に学校・公園・飲食店・コンビニと充実しています。

金港町にある「横浜ベイクォーター」

行政区としての区役所もあり、各種手続きなども楽です。

実際に住むとなった場合、神奈川区の人口や治安についてお伝えいたします。

まず、横浜市の統計によると、神奈川区の人口は第5位となっています。(2020年9月1日現在)

横浜市 1,731,071人 / 3,757,630世帯

順位区分人口(人)
1位港北区356,368
2位青葉区311,442
3位鶴見区293,724
4位戸塚区281,141
5位神奈川区246,116
推計人口・世帯数【最新】「横浜市人口ニュース No.1129」- 横浜市

次に、先ほどの「横浜市人口/世帯数」でランクインしていた、上位5区を犯罪発生率から横浜市内の治安を比較します。(2020年9月1日現在)
(犯罪発生率=犯罪数÷人口×1,000)

順位区分犯罪発生率(%)
1位鶴見区2.65
2位戸塚区2.45
3位港北区2.26
4位神奈川区2.23
5位青葉区1.68
2020年1~9月累月暫定値 刑法犯 罪名別市区町村別 認知件数 – 神奈川県警察

神奈川区は、横浜市内で人口の多い港北区に比べて、犯罪発生率が低くなっています。

学校や商店街なども多くあり、比較的「住みやすい街」であることが分かります。

神奈川区はこんなところ!

神奈川区は、ファミリーはじめての一人暮らしでも安心して暮らせる街です。

自然・歴史・ショッピングなど…
さまざまな顔を持ち、活気に溢れる「神奈川区」へ訪れてみてはいかがでしょうか。

【大募集】横浜の周辺情報 ここが知りたい!

横浜・相鉄沿線・周辺のここが知りたい!

a.nmta
Writer