横浜で住む、暮らす、楽しむ 横浜に住む暮らすの情報

2022年版 横浜でハロウィンイベントを楽しむ

この記事を読むのに必要な時間は約 16 分2秒です。

2022年版 横浜でハロウィンイベントを楽しむ
秋のイベントといえば、毎年恒例となっているのが「ハロウィン」イベントです。
横浜市内でもイベント内容が異なり、その施設ならではの雰囲気を楽しめます。
ここ数年はコロナ禍の影響で中止やオンライン開催でしたが、2022年は徐々に再開。
ここでは、2022年に横浜市内で開催のハロウィンイベントを紹介するコンテンツです。

2022年版 横浜でハロウィンイベントを楽しむ

全国各地で、10月に開催される楽しい一大イベントといえば「ハロウィン」ですよね。
ここ20年で、日本のハロウィンイベントは大きく進化しました。
そのため、10月31日には街で子どもから大人まで仮装を楽しむ方を多く見かけます。
手作りのカワイイ仮装から、ゾンビメイクをする本格派仮装までさまざま。
十人十色の個性的な仮装はそれぞれが楽しむというスタイルのため、盛り上がるのです。
特に「渋谷ハロウィン」や「川崎ハロウィン」は、有名で毎年多くの方が訪れます。
「横浜市内のどこでハロウィンイベントが開催されている?」「イベント内容と日程は?」
今回は、横浜市内で2022年開催のハロウィンイベントを厳選してお伝えします。

【2021年版】横浜のおすすめ紅葉スポット&名所7選 – 横浜で暮らそう

ハロウィンの起源とは?

今では知らない人はいないほど、有名なイベントとなった「ハロウィン」。
このハロウィンは、そもそもどのようにして始まったのでしょうか?

その起源は、紀元前のケルト民族にまでさかのぼります。
古代ケルトでは11月1日が新年で、前夜の10月31日から、秋の収穫物を集めた盛大なお祭りが開かれました。またこの日には、死後の世界との扉が開き、先祖の霊が戻ってくるとも信じられていました。
祝祭の習慣は残り、キリスト教会が11月1日を「諸聖人の日」を意味する「All Hallo」と定めたことから、その前夜=「All Hallo Eve」 が転じて、ハロウィンと呼ばれるようになったと考えられています。

【教えたくなる雑学】ハロウィンで仮装をするのは、悪霊から身を守るため!? -【公式】江崎グリコ(Glico)

ハロウィンは、2000年以上前の紀元前から歴史ある伝統的なお祭りなのです。
長い年月を経てヨーロッパからアメリカへ伝わりながら、発展していきました。
この伝統ある行事は、宗教や地域特有の風習などが複雑に混ざり合って今の形となります。

ハロウィン1番の見どころである仮装は、もともと悪い霊から身を守るためだったそう。
ハロウィンでは、先祖霊/悪魔/魔女/彷徨う魂などが死後の世界からやってきます。
人々はそれらと同じ格好に仮装して仲間だと思わせ、身を守りました。
他にも「トリック・オア・トリート」や「ジャック・オー・ランタン」が定番ですよね。
子どもたちが近所の家をまわり、お菓子をもらうのが「トリック・オア・トリート」。
くりぬいたカボチャを作って飾るのが「ジャック・オー・ランタン」です。
これらが風習として定着したのは、1950年代以降となります。
現在の日本でいう「大みそか/秋祭り/お盆」が一度に来たような感覚だったそうです。

横浜市内 秋のスポーツイベントほか楽しいイベントへ遊びにいこう – 横浜で暮らそう

2022年版 横浜市内で開催のハロウィンイベントを紹介

ここからは、実際に今年開催される横浜市内のハロウィンイベントを5つご紹介します。
イベントでは、小さなお子さんも楽しめるワークショップイベントなどが行われるのです。
定番イベントやここでしか楽しめないイベントなどを集めてみました。
ハロウィンイベントは当日の10月31日だけではなく、10月上旬からも開催されています。
複数のイベントに参加することも可能なため、早めの予定づくりにお役立てください。
ぜひ参考にしつつ、さまざまなハロウィンイベントに足を運んでみてはいかがでしょうか。

横浜西口ハロウィン2022

まず1つ目は「横浜西口ハロウィン」です。
横浜西口ハロウィンは、横浜駅西口にある商業施設を中心としたハロウィンイベント。
7回目の今年は、コロナ禍以来3年ぶりに横浜駅西口エリアでイベントが開催されます。
ハロウィンを存分に楽しめるワークショップイベントやマーケットなども開催予定です。
アクセスは「横浜駅」から歩いて約1分となります。

■日程:2022年10月30日(日)[雨天決行/荒天中止]

■会場:横浜駅西口商業施設および公共空間
相鉄ジョイナス/横浜タカシマヤ/横浜モアーズ/ニュウマン横浜/シァル横浜
Niigoひろば/横浜駅みなみ西口広場/横浜モアーズ・ニュウマン横浜間公道 など…

■参加費:無料[飲食や物販など一部有料]

■イベント内容:

(1)サンバイザーでロリポップラリー
台紙型サンバイザーを被り、10か所のラリーポイントでシールを集めてお菓子をゲット
受付:横浜モアーズ・ニュウマン横浜間公道
開催時間:11:00~17:00(最終受付16:00)
参加人数:先着500人(当日受け付け/定員に達し次第終了)

(2)ハロウィンファミリー仮装ウォーク
仮装をして横浜駅西口エリアを親子で楽しくパレード/ゴール地点ではお菓子をプレゼント
参加方法:公式サイトにて事前申し込み
受付/スタート地点:横浜モアーズ 1F正面入口
参加人数:計150名/大人を含む各回先着50名
開催時間:
11:30~12:00[受付時間]11:15~11:30
13:30~14:00[受付時間]13:15~13:30
15:00~15:30[受付時間]14:45~15:00

他にも横浜・みなとみらいエリアでは、ワークショップが多数開催されていました。
訪れる前に「○○でもやっているかな?」と一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

MARK IS MINATOMIRAI HALLOWEEN – MARK IS みなとみらい

横浜駅西口で雨に濡れない楽しみ方 – 横浜で暮らそう

ズーラシアハロウィン2022

2つ目は「ズーラシアハロウィン」です。
ズーラシアハロウィンは「よこはま動物園ズーラシア」で開催のハロウィンイベント。
毎年恒例となっているズーラシアハロウィンは、園内全体でハロウィンを感じます。
装飾が施されるほか、ハロウィン当日には動物へのエサやりが開催されるのです。
エサやりはイベント最大の見どころとなっており、普段見れない「動物×ハロウィン」。
なんといっても、1日限定の飼育員さんによるハロウィン特別ガイド付きとなっています。
アクセスは、相鉄線「鶴ヶ峰駅」または「三ツ境駅」からバスで約17分となります。
最寄りバス停は、神奈川中央交通バスの「よこはま動物園」バス停です。

■日程:2022年10月1日(土)~ 31日(日)
■会場:よこはま動物園ズーラシア 園内
■参加費:無料[入場料別途]大人800円/小中学生200円
■休園日:毎週火曜日
■イベント内容:

(1)ハロウィン装飾
正門、北門、インドライオン先のトンネルにハロウィンの装飾
ころこロッジには楽しいフォトスポットも登場!

(2)ハロウィン特別ガイド[10月31日限定]
カボチャなどを動物たちへプレゼントしながら特別ガイドを実施
ミーアキャット展示場にもカボチャが出現!?
開催時間:[アカハナグマ]11:45~[シシオザル]13:30~[アカカンガルー]14:00~

「ズーラシアハロウィン」イベント・講座・教室情報 – よこはま動物園ズーラシア公式サイト

他にも「野毛山動物園」と「金沢動物園」でもハロウィンイベントが開催されていました。
横浜市内の動物園イベントは、子どもから大人まで1回に2度楽しめるのが嬉しいですね。
こちらも、あわせてチェックしてみてはいかがでしょうか。

こぼれ話「ほのぼの広場のハロウィン(前編)」- 金沢動物園公式サイト

よこはま動物園 ズーラシアに出かけよう – 横浜で暮らそう

横浜イングリッシュガーデンハロウィン

3つ目は「横浜イングリッシュガーデンハロウィン」です。
これは「横浜イングリッシュガーデン」で開催されているハロウィンイベントとなります。
こちらも毎年恒例ですが、他のハロウィンイベントより長く2か月以上開催されます。
園内は、イギリス様式の庭園が見どころの横浜市内でも有名なフラワースポット。
インスタ映えする約2000坪の広大な敷地全体に花が咲き誇っているのも魅力の1つです。
1番の見どころである「緑のトンネル」ですが、ここもハロウィン仕様になります。

また、10月中旬〜11月にかけて大きく鮮明な色合いの「秋バラ」が見頃を迎えるのです。
そして、4日間限定のライトアップイベント「ハロウィーン・ナイト」は見逃せません。
毎年、少しずつ変化しているハロウィン装飾にも注目。
アクセスは、相鉄線「平沼橋駅」から歩いて約10分です。
横浜駅西口から無料送迎バスも出ているため、訪れる際はぜひ利用してみてくださいね。

■日程:2022年9月17日(土)~ 11月23日(水/祝)
■会場:横浜イングリッシュガーデン
■参加費:無料[入場料別途]大人1,000円/小中学生500円
■時間:10:00~18:00[最終入園]17:30
■イベント内容:

(1)ハロウィーン・ディスプレイ[9月17日~10月31日]
大小様々な陶器のジャック・オ・ランタンやユニークな色形の本物のカボチャを用いる
秋の植物と組み合わせたカラフルな装飾を展示

(2)4日間限定のライトアップイベント「ハロウィーン・ナイト」[10月21日/22日/28日/29日]
ハロウィン装飾のランタンに明かりを灯し、営業時間を20時まで延長
開催時間:17:30~20:00[最終入園]19:30
イベント入園料:大人500円/小中学生200円[未就学児無料]
イベントチケット販売時間:10:00~19:30

「ハロウィン・キャンドルナイト」(2019/10/26,31)開催のお知らせ – 横浜イングリッシュガーデン公式サイト

横浜にある英国 横浜イングリッシュガーデン – 横浜で暮らそう

横浜山手西洋館 ハロウィンウォーク2022

そして4つ目は「横浜山手西洋館 ハロウィンウォーク」です。
これは、横浜山手西洋館周辺の20施設で開催されるハロウィンウォークイベント。
「外交官の家/横浜市イギリス館/旧山手68番館」などハロウィン装飾を見て回れます。
子どもから大人の仮装した参加者にクイズラリーカードが配布され、先着でプレゼントも。
ウォークイベントのため、1日でさまざまな施設を楽しめるという満足感が見どころです。
クイズラリーはハロウィン前日のみですが、装飾は10月18日〜31日の開催となります。
アクセスは、みなとみらい線「元町・中華街駅(6番出口)」から歩いて約7分です。

「横浜山手西洋館 ハロウィンウォーク2022」イベント・講座・教室情報 – 山手西洋館公式サイト

■日程:2022年10月30日(日)[雨天決行/荒天中止]
■会場:山手西洋館7館/山手周辺13施設
■参加費:無料
■時間:10:00~16:00
■イベント内容:

(1)山手周辺の13施設の問題を解きながら巡るクイズラリーイベント
仮装した参加者先着3,000名にクイズラリーカードを配布
全問正解者した1,000名にはおもちゃなどの景品をプレゼント

(2)ハロウィンにちなんだ仮装グッズ/オープンカフェの出店
SNS映えするフォトスポットも用意しており、クイズラリーに合わせた装飾が施される
仮装グッズの販売やオープンカフェも出店

横浜山手で遊ぶなら地元視点 – 横浜で暮らそう

中華街ハロウィン2022

最後の5つ目は「中華街ハロウィン」です。
中華街ハロウィンは「横浜中華街」で毎年10月31日に開催されるハロウィンイベント。
横浜中華街全体で行われるハロウィンイベントで、500店舗以上ある飲食店も参加します。
イベントの開催時間が夕方以降となるため、中華街はライトアップされるのです。
昼間とは異なる幻想的な雰囲気は、インスタ映え間違いなしですね。
飲食店では、ワンポイントもOKなハロウィン仮装をした方に特典も用されているのです。
この特典については、店頭に掲出されるイベントポスターが参加店舗の目印となります。
当日はぜひ探しながら食べ歩きを堪能しつつ、仮装イベントを楽しむのがおすすめです。

横浜 中華街
横浜中華街 2色焼き小籠包
横浜中華街 パンダまん

■日程:2022年10月31日(月)
■会場:横浜中華街[中華街大通り/南門シルクロードなど](※参加店舗マップを配布)
■参加費:無料
■時間:16:00~19:00
■イベント内容:

横浜中華街で行われるハロウィンパーティー
ワンポイントOKな仮装をした方には店頭掲出ポスターが目印の参加店舗で特典を用意

桜木町駅は横浜観光を巡るスタート地点 – 横浜で暮らそう

2022年のハロウィンは横浜へ行こう!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ここまで、横浜市内で開催されている2022年のハロウィンイベントをお伝えしました。
少しでも参考になれば幸いです。
日本のハロウィンイベントは街全体が「ハロウィン一色」となり、盛り上がります。
その雰囲気は独特で、子どもから大人まで思い思いの仮装を楽しめるイベントです。
イベント自体も、コロナ禍以降3年ぶりの本格的なリアル開催となる「ハロウィン」。
ハロウィン当日はもちろん、期間の長い場所では2か月以上開催されていることも。
1日とは言わず、複数日にわたってさまざまなスポットを巡るのもアリですね。
横浜観光を楽しみながら、ハロウィンイベントも思いっきり楽しみましょう。

【2022年版】横浜観光の定番スポットはどこ? – 横浜で暮らそう

【大募集】横浜の周辺情報 ここが知りたい!

横浜・相鉄沿線・周辺のここが知りたい!

関連コンテンツ
Writer