横浜で住まい、暮らす、楽しむ 横浜〜神奈川の暮らし情報

家族で横浜に住みたい!

家族連れ

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分21秒です。

家族で横浜に住みたい!

家族で横浜に住みたい!
横浜というと港のイメージを持つ方が多いですが、実は西部には立派な農地があったり都市開発が進み日常生活に不自由しない商業施設が沢山隣接されている地区もあります。

そんな魅力的な地区があっても、今までは通勤を考えたら仕事もその地区で探す必要がありましたが、相鉄相互直通によって相鉄沿線の状況が変わりました。

都心とつながる
都心とつながる(都心直通プロジェクト)|未来への取り組み|相鉄グループ

今回は相鉄相互直通によって恩恵を受ける地域などを紹介します。
現在家庭を持って新宿、渋谷などで働いている方は必読です。

相鉄 JR 直通線 いつ ? – 横浜で暮らそう

相鉄線が今注目されている

相鉄線とJR直通線が開始することによって、現在相鉄線を利用している方は都心へ今より手軽に行けるようになりました。

都心行きが手軽になるということは、今まで都心へ通うのに乗り換えで苦労していた方が相鉄線沿いに移り住む可能性が増えたということです。

相鉄が渋谷・新宿へ直通運転? – 横浜で暮らそう

相鉄線沿いは日常生活での不便が少ない場所が多く、物件価格も都心に比べれば比較的抑えられているため、現在家族で暮らしている家庭には狙い目の地域です。

羽沢横浜国大駅という新しい駅も開業されることになりましたし、2022年度下期には、相鉄線と東急の直通線も開通予定とあって、これから相鉄沿線は更に開発が進むと思われます。

子育てに向いているヒルサイド旭区

相鉄線横浜駅から急行か特急を使えば10分程度で行ける二俣川駅、ここを下車した地域が旭区です。

二俣川(ふたまたがわ) | 電車 | 相鉄グループ

ジョイナステラス二俣川

相鉄線の中で横浜の次に乗降者数多いため、運転免許試験場など神奈川県でも主要の施設が密集しています。

二俣川駅周辺は主に駅構内と南口で大規模な再開発が行われ、商業施設立ち並び、利便性の高い郊外都市としても注目されています。
開発途中のため、新築物件や集合住宅など多種多様な住居が存在し、物件価格の差が大きいのも特徴といえます。

横浜は交通アクセスが良く育児に強い!横浜市に住むメリットとは? – 横浜で暮らそう

以前から住みやすい便利な地区でしたが相鉄線の相互直通によって、二俣川駅が新宿駅まで乗り換え無し50分以内を実現し更に脚光を浴びています。

将来的には東急線との直通も予定されているため、これからも開発が進められるでしょう。横浜では海に面している地域をベイサイドと総称していますが、それに対し旭区や山側の地域はヒルサイドと呼ばれています。

鶴ヶ峰バスターミナル

旭区は主に西部に住宅が密集し、北部はよこはま動物園ズーラシアなど意図的に自然が残されている状態ですが、今後は北西部も開発が進み洗練された住宅街になっていくでしょう。

旭区のほぼ中心部に位置する二俣川駅周辺は、旭区の生活の拠点としても賑わっています。私も旭区を訪れたときに歯医者の予約をしたあと、コーヒーチェーン店で時間を潰したりしました。

様々な商業店舗が密集しているため、必要以上に遠出をしなくても全て駅周辺で済むのは家族連れの家庭などにも嬉しい環境です。横浜市は子育てに力を入れているので、この旭区も勿論恩恵を受けています。

二俣川駅北口から徒歩で行ける場所に、登録制の子育て支援向け広場が設けられています。こういった地域支援を押し出している地区は少ないので貴重です。子供がいる家庭が横浜市内で何区に住もうか悩んだら、私なら旭区を第一候補にするでしょう。

横浜市内でスローライフをするなら泉区

横浜市の南西部に位置する泉区は、現在も農業が盛んな地区です。

南万騎が原
泉区 南万騎が原駅

横浜というと洗練された港を想像することが多いですが、泉区は耕地面積が市内で一番多いため、様々な農産物を生産し出荷しています。

暮らしの生活拠点としては、商業施設・教育施設ともに充実している上に相鉄いずみ野線いずみ中央駅がJR相互直通の恩恵を受けるため、都心へのアクセスも良くなりました。

いずみ中央(いずみちゅうおう) | 電車 | 相鉄グループ

私の主観ですが、泉区では一軒家と広々とした庭を利用して休日に家庭菜園を行うアットホームな家庭が多い印象です。これは横浜市内で週末のスローライフを求めている住民と、農業が盛んな泉区の地域性が合致したためでしょう。
泉区は穏やかな毎日を送れそうな素敵な地区です。

横浜に家族で住むなら相鉄沿線の地区が狙い目

いすみ野駅

横浜市内の相鉄沿線に起きている変化と地域についてご紹介しました。今回は旭区や泉区に注目しましたが、相鉄沿線の西区や保土ヶ谷区も家族で移住するのに適している素晴らしい地区です。

横浜という地域は家族で住むのに適している場所が沢山あります。相鉄線の使い勝手が良くなったことで、横浜市内に移住を考えている方は選択肢が広がりました。是非満足できる移住地を見つけてください。

相鉄相互直通でダイヤ改正されます

11.30ダイヤ改正
11.30ダイヤ改正|都心とつながる(都心直通プロジェクト)

相鉄直通運転にともなうダイヤ改正の特徴と横浜通勤のメリット 
相模鉄道が11月30日に開通される相鉄横浜線(相鉄JR直通運転)に伴いダイヤ改正を行うこととなりました。 
ポイントは次の通りです

運転本数は終日46往復(92本) 
朝ピーク時間帯は4本/時、その他時間帯は2~3本/時 
朝の一部列車は大宮方面へ 
いずみ野線から横浜へ直通(通勤急行) 
JR直通列車と二俣川で接続(通勤特急) 
女性専用車が4号車から10号車(8両編成は8号車)に変更 

詳細は 相鉄直通運転にともなうダイヤ改正の特徴と横浜通勤のメリット をご覧ください

【大募集】横浜の周辺情報 ここが知りたい!

横浜・相鉄沿線・周辺のここが知りたい!

guestpost
Writer
この記事はゲストによる一般投稿です